1. トップ
  2. 芸術学部
  3. ゲーム学科
  4. 学科概要

ゲーム学科

学科概要

ゲーム学科は、大学ゲーム教育では日本でも有数の、芸術系・理数系教育を同時に擁した内容となっており、あらゆるゲームの根底にある“遊びの本質”を追究します。
また、学問としてのゲーム研究を通して、未来のゲームを創造するクリエイターを養成します。

学科について

企画・デザイン・プログラム

ゲーム学科では、入学後に「企画」「デザイン」「プログラム」の3分野から、学生1人ひとりの志向と資質により1分野を選択し、各領域の専門知識・技術の習得を目指します。そして、2年次からは、それぞれの専門を活かしながらチーム制作に取り組み、ゲームづくりに挑戦し、卒業制作では市販レベルのゲーム制作を目指します。

学科の特色

実験・制作

学生ひとりひとりの個性を尊重して、適性を観察しながら丁寧に指導できるように、常に教員同士の学生に関する情報交換を密にしながら成長の様子を見守り続けています。そして、グループでの制作実習を積極的に取り入れることにより、ともするとコンピュータに向かいながらの孤独な作業になるのを防ぎ、友達を作りやすい環境を保てるように努めています。

カリキュラムの特色

3DCG

ゲーム学科では3DCG教育を大幅に強化しました。
プロの実践的指導のもと、デザイン分野とプログラム分野が協力し、リアルタイムに動く高精彩3DCGを制作します。
皆さんの資質が美的・論理的どちらであってもCGを学べます。
  • 美的(デザイン分野)
    CGクリエイター:CG技術
  • 論理的(プログラム分野)
    CGプログラマー:CG知識
デザイン分野とプログラム分野は、同じ機材・CGソフトウェアで学習します。

ディプロマ・ポリシー

学位を取得し社会に歩み出していくことは、ゲームの根底にある普遍的な“遊びの本質”を追求していくことができる人材になったと位置付けます。それは、新たなデバイス/技術の開発や応用、教育/医療/福祉といった領域への浸透を担うことでもあります。ゲームの持っている可能性を切り拓いていくことで、次世代ゲームのクリエイターやゲーム文化の旗手として、自らの力で歩んでいけることになります。学びの最終段階として“個”の確立を実現することで、クリエイターとしての社会に歩み出す自分がスタートするのです。
ゲームの持っている可能性を切り拓いていくことで、次世代ゲームのクリエイターやゲーム文化の旗手として、自らの力で歩んでいけることになります。学びの最終段階として“個”の確立を実現することで、クリエイターとしての社会に歩み出す自分がスタートするのです。
  • ゲーム制作の現場において、役割分担とチームワークの重要さを把握し、自分が専門とする分野に留まらずに、現場において幅広い対応力を発揮することができる。
  • ゲームの実体が“何であるか”について常に考えることができる。社会的貢献やシリアスゲームを視野に入れた、次の時代におけるゲームのあり方が模索できる。
  • モノ創りとしての理想からゲームと向き合い、取り組むべきテーマを自主的に定めることができる。テーマや思想を作品に盛り込んだ、一歩先の表現を実現することができる。

カリキュラム・ポリシー

ゲーム学科では人の心を動かす表現者になるためには自分を知り、相手を知り、人間を知ることが大切であると考えています。そして教育や福祉、リハビリテーションなどの社会に役立つゲームの研究も視野に入れています。
学習のテーマとしては、専門分野の異なる学生が力を合わせてゲームを制作することを軸に据えています。一方で現代のコンピューターゲームだけにとらわれずに、より普遍的な“遊び”について自らの考えを持てるよう、理論と実践を幅広くカバーするカリキュラムを展開しています。
現役の制作者から思想や価値観を学び、自らの将来のクリエイター像を意識していく機会も設けられています。
  • 芸術系+理数系教育を同時に擁することを、その最大の特色としています。学生を企画/デザイン/プログラムの3分野に区分して専攻を明確に意識することで、基礎技術から表現力を積み上げていきます。
  • 分野別に学んだ基礎技術を生かして、制作の実践へと挑戦していきます。専攻の異なる学生同士が、その能力を結集するためにはコミュニケーションが重要な課題になります。それらを乗り越えて、モノを作る/作り上げる喜びを経験します。
  • ゲームのプレイを通し、研究や調査も行います。その成果を発表する過程で、考察力や伝達力を育んでいきます。現役の制作者から思想や価値観を学び、自らの将来のクリエイター像を意識していく機会も設けられています。さらにはシリアスゲームといった社会的な領域を通し、ゲームと社会の関り合いについて、ゲームの未来について、自分自身の考えと向き合います。

アドミッションポリシー

人や社会が本当に豊かになるためには「遊び」が大きな鍵を握っています。遊びの一つであるゲームを作ることとは、創造活動であり表現であり芸術です。
学びながらゲームを通して、やるべきこと/やりたいことを見つけ出す。自分だけのテーマを手に入れたい、ものをつくる楽しさを体現したい、思いやりにあふれた表現者になりたい、そう思う熱い心と実行していく強い意志を携えた学生を求めています。高校生活では、専門の分野に分かれて学んでいくことを意識し、自分の目標に合った準備を目指してください。
企画分野を志望する場合には、幅広く理系文系を問わない知識や経験を貯えることが理想的です。ネットや本に頼らず、自らの実体験に赴く行動力を備えることも希望します。デザイン分野では、最終的に視覚で表現することを念頭に、美術に興味を持っていることが前提となります。日常生活の中で常に観察することからスタートして、その中の発見から自らの表現に繋げて欲しいと思います。プログラム分野を目指すならば、数学や物理といった、理論に従った法則やルールへの関心が重要です。中でも近年のゲームCG技術では、数学の重要性が増してきています。基礎力を高めておくことが学習での大きな武器になります。
いずれの分野でも、コミュニケーションや共同作業の機会のある学習や課外活動は、大きな価値を持ちます。ディベートやスピーチなどの経験は、伝える力を育む素晴らしいチャンスです。情報や総合学習を通してコンピューターに親しんでおくことも、ゲームを作る上では間違いなくプラスとなります。