1. トップ
  2. 芸術学部
  3. ゲーム学科
  4. 教員紹介

ゲーム学科

教員紹介

岩谷 徹 教授

メッセージ ゲームは、人の遊び心を考える人間研究に基づいた企画力と、ビジュアル表現するための基礎描画力とCG技術、そしてイメージを動かすための理数系の力とプログラム技術などが融合した、他に類をみない「工芸融合文化コンテンツ」といえます。このように、学問としての領域も幅が広く、学術的知見が求められるため、本学科では産業界との連携も含めて「ゲーム学」としての教育、研究、人材養成を基本としたいと思っています。また、教育、医療福祉分野へのゲームの活用など社会的な役割も増してきていますので、ゲームの新たな価値の創造にも挑戦したいと考えています。
プロフィール 1977年に株式会社ナムコ(現:株式会社バンダイナムコゲームス)に入社。1980年にビデオゲーム「パックマン」を制作。「パックマン」は“食べる”をテーマに制作され、世界中で高い評価を受けた。2005年には世界でもっとも成功した業務用ビデオゲーム機としてギネスブックから認定された。日本デジタルゲーム学会副会長、株式会社バンダイナムコゲームス フェロー。

代表作・プロデュース作
「ドラゴンバスター」、「パックランド」、「リッジレーサー」、「タイムクライシス」、「アルペンレーサー」、など50機種以上。
単著『パックマンのゲーム学入門』がエンターブレイン社より出版されている。
担当科目 ゲーム概論A、ゲーム概論B、ゲーム制作Ⅰ、ゲーム制作Ⅱ、ゲーム制作Ⅲ、ゲーム制作Ⅳ、プロデュース論、ゲーム演習、卒業研究

中島 信貴 教授

メッセージ ゲームというエンターテインメントには常に斬新なものが求められています。ですから新しいゲームを作るには、まず「創作力を鍛える」ことが重要です。ゲームだけでなく、一流の映画、音楽、アート、ショーを観たり、美しい風景に触れたりして、自分に中に「美」の基準を作ること。次に、表現する手段としてのスキルを身に付け、知識を学ぶことです。また、今やゲームは世界中で消費されるグローバルエンターテインメントとして成長しています。これからは世界に視野を広げ、多様な文化圏のカルチャー、サブカルチャー、嗜好性を理解し、「表現の引出し」をたくさん作ることです。そのような学びの場を提供しながら、世界を相手に活躍できるクリエイターの育成を目指しています。
プロフィール 1956年生まれ。東京理科大学理学部物理学科卒。卒業後アニメーターとしてアニメ制作スタジオに入り「Dr.スランプ アラレちゃん」「ヤットデタマン」などの動画・原画を担当。その後、ビデオゲームに出会い、1981年に株式会社ナムコ(現、株式会社バンダイナムコゲームス)入社。業務用ゲーム「ラピッドリバー」「アクアジェット」の企画・プロジェクトチーフ、「アルペンレーサー」「リッジレーサー」のビジュアルディレクターなどを担当。家庭用ゲームでは主に北米向けカジュアルコンテンツをプロデュース。
担当科目 CG基礎Ⅰ、CG基礎Ⅱ、ゲームCG論、ゲーム制作Ⅰ、ゲーム制作Ⅱ、ゲーム制作Ⅲ、ゲーム制作Ⅳ、ゲーム演習、卒業研究、インターンシップ

遠藤 雅伸 教授

メッセージ ゲームは日本を代表するデジタルコンテンツです。そのゲームデザインはコンセプト主導であり、「~道」「見立て」「様式美」と言った日本文化をベースとした総合芸術と言っても過言ではありません。またエンターテインメントという側面から見ると、トレンドを貪欲に取り込み、あるいは新たな技術や新たな発想からトレンドを創り出していく原動力となって、日々進化し続けているメディアでもあります。ゲームクリエイターとなるのに最も大切な何かは、ネットで調べたり本を読んだりしたのでは身に付きません。実践と実学によって、自らの知識、経験として積んでいくしかないのです。道は険しいですが、チャレンジをお待ちしています!
プロフィール 1980年代よりアーケードゲーム、家庭用ゲーム機向けゲーム、トレーディングカードゲーム、PCオンラインカジュアルゲーム、携帯電話アプリゲーム、PC向けMMOロールプレイングゲーム、携帯ゲーム機向けゲーム、スマートフォンアプリゲームなどに、シューティング、アクション、アドベンチャー、ロールプレイング、シミュレーション、レース、パズル、スポーツ、対戦格闘など、幅広いジャンルの作品を多数残している現役ゲーム作家。2006年より東京大学大学院でゲームに関する講義・演習を始め、震災の年より宮城大学でゲームデザインの講義を行い、その内容が『遠藤雅伸のゲームデザイン講義実況中継』SBクリエイティブ刊に紹介されている。
担当科目 ゲーム史Ⅰ、ゲームプレイⅠ、ゲームプレイⅡ、ゲーム演習、卒業研究

正木 勉 准教授

メッセージ コンピューターゲームは今後も発達して単にゲームという要素ばかりではなく、社会生活に密接した役割を担うのではないかと考えます。最新の家庭ゲーム機は、昔のスーパーコンピューターの性能を はるかに凌ぎ、ネットワーク環境も有しています。これは家庭ゲーム機でなんでもできるということです。あとはこのゲーム機(器)をどのように使うかを考える人が必要です。本コースで、各種ゲームを体験したりゲームを制作して、ゲーム及びゲーム機のこれからの可能性や社会への活用を考えてほしいと思います。
プロフィール 1993年システム開発会社に入社。防衛関係などのシステム開発に従事した後、2002年携帯ゲームを専門に開発する有限会社インテンスを設立。2005年株式会社インテンスに組織変更。2005年から東京工芸大学のアニメーション制作(ゲーム制作)の講師を務める。

代表作
「甲虫王者ムシキング~グレイテストチャンピオンへの道~」ゲームボーイアドバンス、「甲虫王者ムシキング~グレイテストチャンピオンへの道2~」ニンテンドーDS
担当科目 ゲーム制作Ⅰ、ゲーム制作Ⅱ、ゲーム制作Ⅲ、ゲーム制作Ⅳ、ゲームワークショップⅠ、ゲームワークショップⅡ、ゲームワークショップⅣ、ゲーム演習、卒業研究

今給黎 隆 准教授

メッセージ デジタルゲームは、最先端の技術が積極的に投下される稀有な分野です。新しく表現可能になる現象が増えると同時に、思っても見なかった技術が急激に盛り上がることが多々生じます。美麗なグラフィックス、毎日更新されうるコンテンツ、新しいデバイス。先端のゲーム技術を身につけ、新たに生み出す場を作り出していきましょう!
プロフィール 1972年生。東京大学大学院新領域創成科学研究科修了。博士(科学)。
株式会社タムソフト、株式会社ナムコ(株式会社バンダイナムコゲームス)、グリー株式会社、株式会社セガ(株式会社セガゲームス)でのプログラマ経験を経て現職。
情報処理学会 コンピュータグラフィックスとビジュアル情報学研究会 運営委員。CEDEC アドバイサリーボード。

代表作
「シンプル1500シリーズ Vol.14 The ブロックくずし」
「いただきストリート3億万長者にしてあげる!~家庭教師つき!~」
「Ridge Racer 6」
担当科目 コンピュータ概論Ⅰ・Ⅱ、WEBプログラミングⅠ・Ⅱ、ゲームアーキテクチャ論、ゲームプログラム論、ゲーム演習、卒業研究

原 寛徳 助教

メッセージ 私が皆さんに大切にしてほしいのは、失敗を恐れず、とにかく試してみることです。「うまくいかなそうだからやめておこう」ではなく、「うまくいかなそうだけどまずはやってみよう」という姿勢を持って欲しいと思います。今の時代は、インターネットなどで多くの情報を収集することができますから、実際に試さないで、どんな結果になるかわかった気になってしまう。調べるだけで終わりにしては、表面的な知識しか得られません。たとえうまくいかなくても、実践することで、はじめて経験に基づいた深い知識が得られます。結果だけを追求するのではなく、過程にこそ価値があることを実感してほしいと思っています。
プロフィール 信号処理やプログラミングに興味を持ち、在学中は音を扱う研究に従事。人の声に限らず自動車が走行する音を研究対象とし、接近検知や方向定位の他に、すれ違う台数を数えることで交通流の計測を行った。電子情報通信学会、電気学会、日本音響学会各会員。
担当科目 プログラム基礎Ⅰ、プログラム基礎Ⅱ、ゲーム数学、ゲーム数学Ⅰ、ゲーム数学Ⅱ、ゲーム物理、ゲーム制作Ⅰ、ゲーム制作Ⅱ、ゲーム制作Ⅲ、ゲーム制作Ⅳ、ゲーム演習、ゲームワークショップⅢ、卒業研究

山口 義英 助教

メッセージ 人は「考える」ことで進歩してきました。多くの「考える」ことによって生み出されたモノにより、生活は便利になり、文明も向上してきました。しかしその現代社会の中では、次々と押し寄せてくる情報を受け入れるだけで精一杯になりがちです。それでもどこかに敢えて「考える」ことにこだわっている人が居るからこそ、常に新しい進歩が日夜生まれているのです。 ゲーム制作の世界でも「考える」人が居なければ、新しいゲーム・新しい楽しさ・新しい感動が生まれてくることはありません。やはりここでも「考える」ことが明日を作っているのです。本コースは、ゲームについて学び・体験し・実践する中で「考える」機会を数多く提供しています。その中で、未来のために「考える」ことができる人を、目指して欲しいと思っています。
プロフィール 1993年に株式会社アテナに入社。プロ麻雀「極」シリーズなどを手掛け、1995年以降フリーランスとなる。以後ゲーム企画に留まらず、PC雑誌やゲーム関連のライターなども務め、現在に至る。

代表作
「雀鳳楼」プレイステーション2・ PlayOnline通信麻雀
「兎-野性の闘牌-」シリーズ アーケード・プレイステーション2
担当科目 企画基礎Ⅰ、企画基礎Ⅱ、ゲーム制作Ⅰ、ゲーム制作Ⅱ、ゲーム制作Ⅲ、ゲーム制作Ⅳ、ゲームプレイⅠ、ゲームプレイⅡ、ゲームワークショップⅠ、ゲームワークショップⅡ、ゲームワークショップⅢ、ゲームワークショップⅣ、ゲーム企画論、ゲーム演習、卒業研究

室橋 直人 助教

メッセージ アイディアや想像した物を形にするのにCGは最適なツールです。ただ、そのためにはアプリケーションの使い方だけではなく、物をつくる=デザインする基礎的な力や知識をしっかりと身に付け、そのスキルを元にCGで形にすることで、自分のオリジナルの作品を生み出すことができます。是非作る楽しさを授業を通じて体験してください。
プロフィール 1991年にデザインプロダクションに入社し、雑誌広告からポスター・アパレル・不動産関係のグラフィックデザイン・WEBデザイン・アートディレクション等を行う。
その後3DCGを学びデザインに活かしながら、2006年に株式会社ナムコ(現、株式会社バンダイナムコエンターティンメント)と提携し、専門学校や大学でゲーム向けの3DCGを中心としたデザインワークの講師を務める。
担当科目 CG基礎Ⅰ、CG基礎Ⅱ、デザインワークショップⅠ、デザインワークショップⅡ、 デザインワークショップⅢ、デザインワークショップⅣ