月別アーカイブ: 2015年8月

PERACON2015団体戦で工芸大が3位

8/26~8/28に行われたCEDEC2015のゲームデザイン分野のイベント「PERACON2015」ペラ企画コンテストにて、工芸大ゲーム学科学生の作品が30位以内に4作品も入り、団体戦では株式会社プロペ、セガグループについで3位となりました。

19位に入った4年生松井秀君の作品「フライングボディアタック」
第19位 フライングボディアタック 4年松井秀

20位に入った4年生佐藤大君の作品「Girls & Puncher」

第20位 Girls & Puncher 4年佐藤大

25位に入った4年生金徳寿君の作品「みかんアート」

25位 みかんアート

30位に入った4年生山本竜之介君の「スパークリングスパーキング」

30位 スパークリングスパーキング

残念ながらベストアマは逃しましたが、多くの作品がプロと引けを取らない評価で、ゲーム学科の実力を示せたと思います。さて来年は「打倒、工芸大!」に燃える専門学校さん方の挑戦を受ける形になりますが、逆に団体戦1位を目指して精進していきます!

カテゴリー: イベント情報・報告

岩谷教授が「CEDEC AWARDS 2015」特別賞を受賞しました

岩谷教授が、日本のゲーム業界の礎となった作品である「パックマン」の開発の功績が讃えられ「CEDEC AWARDS 2015」の特別賞を受賞しました。

http://cedec.cesa.or.jp/2015/documents/press/cedec15_release_0717.pdf

カテゴリー: イベント情報・報告

第3新東京市、じゃなかった箱根の金時山登山合宿に行ってきました……

基本的に、ゲーム学科の教員が学生に向かって「ゲームばかりやってないで、もっと勉強しなさい!」と言うことはないのですが、それにしても、TRPG(テーブルトークRPG)は人気がありますね。ヒマさえあれば、ゼミや卒業制作の指導が終わった放課後でさえも、仲間同士が文字通りテーブルを囲んでやっています……うーん、たまには体も鍛えないとダメなのでは?
×
×
というワケで、第3新東京市、じゃなかった箱根の金時山登山合宿に行ってきました。標高は1,213mと、初心者にとっては最適な山とはいえ、やはり登山を馬鹿にしてはいけません。国道138号線沿いのふじみ茶屋をお昼過ぎに出発、乙女峠から長尾山を経由して山頂に向かいます。頂上の金時茶屋では(晴れていても富士山が見えなかったのは残念)、御年80歳を超えられた金時娘さんと談笑の後、夕方までには全員無事に金時神社入口へ。
×
×
大涌谷の噴気を遠巻きにして見ながら宿に向かえば、楽しみなのは何と言っても登山後の温泉と夕食です……でも、食事が終わるや否や、また「アルシャードセイヴァーRPG」大会が始まっちゃいましたね!
カテゴリー: イベント情報・報告, 大学の様子

学生作品が日本ゲーム大賞2015 アマチュア部門の最終審査を通過しました!

日本ゲーム大賞2015 アマチュア部門の最終審査が行われ11作品が選出されました。

その中に、チーム名「Alice と Teles」が制作した学生作品「10動説」も無事選出され9月19日(土)の授賞式に参加できることとなりました。

http://awards.cesa.or.jp/prize/prize_03_01.html

どの賞を獲得できるかは授賞式のときにわかります。ぜひ、応援しに来てください!

カテゴリー: イベント情報・報告, 学生の活動

ニューヨーク近代美術館(MoMA)にて 岩谷 徹

ピカソやゴッホ、アンディ・ウォーホルの作品等が展示せれている美術館にビデオゲームが収蔵展示(プレイ可)されていて感慨深いものがありました。

MoMAは2012年に「Interactive Design」カテゴリーの収蔵品としてパックマンを含む14のビデオゲームを入手し、常設室にそれが展示されています。

ご存知の通りMoMAは世界トップの現代美術館であり、時代の先を行った、かつタイムレスな芸術品の展示をしている美術館で、ビデオゲームの展示もハイコンセプトで、れっきとした人間の歴史・芸術文化の一部として認められていて大変嬉しく感動的でした。

カテゴリー: イベント情報・報告

『From: Merry』がインサイドで紹介されました

7月に開催されたオープンキャンパスにおいて、芸術学部卒業・大学院修了制作展2015で展示した卒業研究作品の『From: Merry』を展示したところインサイド様から取材があり紹介記事が掲載されました。

http://www.inside-games.jp/article/2015/07/31/89909.html

カテゴリー: イベント情報・報告

学生作品が日本ゲーム大賞2015 アマチュア部門の最終審査に進出しました!

チーム名「Alice と Teles」が制作した学生作品「10動説」が、日本ゲーム大賞2015 アマチュア部門の最終審査に進出しました。この審査を通過すると受賞となり、東京ゲームショウ2015で行われる授賞式に出席することになります。

http://awards.cesa.or.jp/prize/prize_03_02.html

カテゴリー: 学生の活動

ページの先頭に戻る