月別アーカイブ: 2015年9月

日本ゲーム大賞アマチュア部門 受賞式の写真

9月19日(土)に行われました日本ゲーム大賞アマチュア部門の受賞式の写真です

カテゴリー: イベント情報・報告, 学生の活動

岩谷研究室 ゲーミング・スーツ 2015 vol2

CEDEC 2015での発表とテレビ取材などからの反響の大きさをうけまして「ゲーミング・スーツ」のムービーを新しくアップしました。

ムービー再生はここをクリック

CEDEC 2015

実演:全身ディスプレイ型「ゲーミング・スーツ」による新しいゲーム表現形態の提案

カテゴリー: イベント情報・報告, 大学の様子

岩谷研究室のゲーミングスーツがテレビ放映されます

本日、岩谷研究室が開発したゲーミングスーツへの取材があり、岩谷教授と開発に携わった学生さんが取材を受けました。

下記の予定で放映されます。

放映日時:9/1(火) 23:00~

番組名:テレビ東京 ワールドビジネスサテライト

※番組の編成上、放映されないこともあります

カテゴリー: イベント情報・報告, 大学の様子

CEDECで「ラピッドプランニング演習」が大盛況

CEDEC2015にて当学科遠藤教授のワークショップが行われた。内容は当学科の1年後期で行われる「ゲーム発想法」授業などで使われる「ラピッドプランニング演習」で、短時間でゲーム企画の重要な要素である「発想力」「伝達力」「目利き力」に対する気付きが得られると大好評だった。
ワークショップを行う遠藤教授(Gamerより) Gamerサイトより
この演習は遠藤教授が独自に考案したメソッドで、企画初心者が必要となる気付きを協調学習から得る効果的な方法。当日の様子はゲーム系ニュースサイトに紹介されている。

「ゼビウス」の父が,企画力と伝える力をアップさせる「ラピッドプランニング演習」を伝授(4gamer)

さまざまな企画が飛び出した遠藤雅伸氏のラピッドプランニング演習(GameBusiness)

企画を立案するために必要な「目利き力」「立案力」「伝達力」を鍛える!「企画初心者のための『ラピッドプランニング演習』」をレポート(Gamer)

カテゴリー: イベント情報・報告

文化庁のメディア芸術連携促進事業に採択されました

詳しくは当大学のHPの「新着情報」に書かれていますが、簡単に言うとゲームを将来に向かって保存していくための新しい研究が始まります。幾つかの団体で協業し、力を併せて研究を進めていくのですが、そのうちゲーム学科が行なうのは、アーケードゲームの基板(PCB)の保存にまつわる部分です。

20150901棚卸し中

そこでまず手始めに、ゲーム学科で管理している基板の棚卸しを始めました。授業がお休みなので講義室の大きな机を使って、現状で基板を収容しているコンテナの1つを広げ、中身を並べてみたのが写真の様子です。御覧のようにアーケードゲームの基板は、家庭用のゲームソフトと異なり電子回路が剥き出しで、よほどの専門家でないと一見しただけではゲームのタイトルさえわからないものが殆どです。また、その大きさもバラバラです。そうしたデリケートで見た目の判別しにくいアーケードゲーム基板を、効率良く・わかりやすく・安全に保存・管理するための方法は、学術的には研究されていない、空白地帯なのです。

今年度の目標としては、これらアーケードゲーム基板のサイズを計測して集計し、頑丈かつ便利な保管用ケースの開発を目指しています。この研究により、アーケードゲーム基板がこれからの未来に向かって、長く保存・継承されていくための、第一歩になるよう頑張っていきたいと思います。

カテゴリー: 大学の様子

ページの先頭に戻る