1. トップ
  2. 工学部
  3. 建築学科

建築学科

建築学科について

工学部建築学科で建築の基礎をバランスよく学び、3つのコースで専門性を深める



建築のおもしろさは、どんなところにあるのでしょうか。
例えば個人住宅の場合、家族が気持ちよく暮らす事を第一に考えて設計されます。しかし、家族構成や家族の考え方、暮らし方は千差万別です。建築家はそれを丁寧に聞き取り、家族の将来の姿までいっしょに考えながら設計のアイデアを練り、提案します。
建て主と建築家がイメージを共有できれば、たとえ大胆なプランであっても不思議と違和感なく受け入れられ、住まいが完成して家族の新しい歴史がはじまる。そういった人間的な側面も、建築の魅力のひとつです。
このような奥深い建築の世界を学ぶために、工学部の建築学科では学生一人ひとりの志望に応じて3つのコースを設けています。
「建築デザインコース」では、建築デザインの理論と実践を幅広く学びます。「構造デザインコース」では、地震や風雪などに耐えうる建築の構造について、その材料や構法とともに学びます。
「環境デザインコース」では、建物に欠かせない空調や給排水、換気などの設備、さらには都市環境について理解を深めます。 学生は工学部建築学科でこれら3分野の基礎をバランスよく修得した上で、3年次後期から志望のコースに分かれ、それぞれの研究室に所属して専門分野を学ぶシステムとなっています。

世界最先端の研究活動

建築物は、人間の生活が営まれる「器」であるだけではなく、都市や地域の社会基盤を構成する重要な役割も担っています。
人々の安全で快適な生活を支えるために、幅広い分野における研究開発の成果が建築に取り入れられてきました。
工学部建築学科には世界最高水準の教育研究拠点「風工学研究センター」があり、台風や竜巻などによる強風災害の低減や大気汚染、自然換気など、建築物と風に関わる課題に精力的に取り組んでいる世界屈指の教育研究拠点として高く評価されています。
ここでの研究プロジェクトは文部科学省のグローバルCOEプログラムなどに採択された実績があり、「風工学研究センター」は同省の厳しい審査を経て「共同利用・共同研究拠点~風工学研究拠点」に認定されました。

熱意あるマンツーマン教育

工学部建築学科の教育では、マンツーマン教育をモットーに掲げ、一人ひとりの学生をきめ細かくサポートしています。
例えば設計製図の実習では、製図室を複数のブースに分け、各20名の学生に1人の教員が付いてじっくりと指導します。これが、1年生の最初の授業からはじまります。その人に合ったやり方で成長を促し、社会の即戦力となる実力を養っているのです。
このような手厚いサポートは就職活動でも同様で、教員と学生の個人面談を、内定が決まるまで継続的に行っています。その結果、昨年度は工学部建築学科からの就職・進学希望の学生は100%、進路が決まりました。
本学科には国内外で研究や設計活動を行っている建築家や、企業での実務経験を活かした実践的な研究を続ける教員も多く、世界的な広い視野のもとオープンマインドな気風と進取の精神が培われています。
学生に対しては常に愛情を持って接し丁寧に指導しているため、入学後の学生アンケートでも非常に満足度が高い結果となっています。

学科概要・研究室紹介など
  • 建築学科 学科概要
  • 建築学科 授業紹介
  • 建築学科 カリキュラム
  • 建築学科 教員紹介
  • 建築学科 研究室紹介
  • 建築学科 卒業後の進路・資格取得
建築学科のピックアップコンテンツ