1. トップ
  2. 工学部
  3. 生命環境化学科

生命環境化学科

生命環境化学科について

生命環境化学科では、化学を学び、生命と環境の未来に活かす方法を学びます。充実した資格教育と、もの作り・環境保全・教育・医薬・食品他の分野まで幅広く活躍できる人材の育成が特徴です。

 

工学部 生命環境化学科で学べること

工学部で化学を学べる生命環境化学科は以下のようなカリキュラムで学習をサポートしています。

1・2年次において、有機化学、無機化学、物理化学といった基礎知識について丁寧に時間をかけて学習し、化学の基礎をしっかりと固めます。
3・4年次ではそれらの基礎知識を応用し、さらに高度な知識の習得に向けて取り組みます。

2年次においては3年次の先輩との合同授業も行われ、先輩の考え方や豊富な経験に触れることで、将来の進路や専門分野についてより明確なイメージを持つ機会となります。
4年間を通じて行われる多くの実験を通して、チームワークやコミュニケーションスキルなど社会で必要となるスキルを無理なく身に着けることができます。

また中学(理科)・高校(理科・工業)の教員免許が取得可能であり、その他、化学関係法規や環境関係法規といった資格取得(公害防止管理者など)に必要な知識について授業を通じて無理なく学べるカリキュラム構成となっています。

工学部 生命環境化学科の主な学習科目

生命分野

生物化学、生物有機化学、生物工学概論、生態・生命科学など、生活に密着した化学分野を基礎知識として学習します。それらをベースに、食品化学、化粧品化学、医療医薬の化学へと応用・発展させていきます。

その他、光と色彩の化学といった周辺分野の授業も充実しており、単なる表面的な知識ではなく、より深く専門的な知識の習得を目指します。

環境分野

環境をあらゆる角度から調べるための方法として環境分析学、機器分析学、生命環境化学実験などを学びます。実験はフィールドワークも多く、単なる机上の学習ではない実践的に役立つノウハウを学ぶことができます。

有機エコマテリアル論、エコセラミックス、エネルギー変換化学といった環境を改善・保全していく技術を学びます。近隣企業の研究所やソーラー発電所などの見学を行い、最先端の技術と現場を直に体験することができる機会を多く持つことで、化学の見識を深めるとともに、将来の進路イメージの明確化に役立てます。


学科概要・研究室紹介など
  • 生命環境化学科 学科概要
  • 生命環境化学科 授業紹介
  • 生命環境化学科 カリキュラム
  • 生命環境化学科 教員紹介
  • 生命環境化学科 研究室紹介
  • 生命環境化学科 卒業後の進路・資格取得
生命環境化学科のピックアップコンテンツ