1. トップ
  2. 工学部
  3. 電子機械学科

電子機械学科

電子機械学科について

電子機械学科では、エレクトロニクスとメカトロニクスについて、ハードとソフトをバランスよく学習します。

工学部 電子機械学科での「ものづくり」の学び方

工学部で「ものづくり」を学ぶために、電子機械学科では初年度から充実したスケジュールを組んでいます。

1年次では、EV(電気自動車)やロボットをはじめとしたメカトロニクス系と、半導体や通信などのエレクトロニクス系、携帯電話やハイテク家電などのコンピュータ分野といった工学の基礎知識を効率的に習得します。
またロボット製作にも取り組み、チームによる「ものづくり」を体験し、実践的な理解へとつなげます。

2年次では基礎知識をベースとして、より専門的な「メカトロニクス分野」「エレクトロニクス分野」「プログラミング分野」の3系統が配置され、自分の興味や将来の進路に応じて幅広い知識・技術を習得します。
授業は実験・実習形式が多く、自分の体を使って研究素材やデータを集める力を身に着けます。

3年次では、さらに多くの実験・実習を通して実践的な応用力を習得します。
後期には「プロジェクト実験」という4年次の卒業研究の前段階となる本格的な研究実験にグループで取り組み、問題解決力やプレゼンテーション力などのスキルを身に着けます。

4年次では、3年間で学んだ知識をベースに、1年間興味のある最先端の技術テーマに徹底して取り組み、より高度で深い知識と問題解決力を身に着けます。
社会でエンジニアとして必要とされる、幅広い知識と技術、データの取り方やまとめ方などの幅広い知識やノウハウを学びます。

工学部 電子機械学科で「ものづくり」を学ぶための特色

電子機械学科の特徴

本学科では半導体を製造するクリーンルームや、工場で実際に使用されている機械や設備を使用できる学習環境を整えています。
これにより、学生は実践的な現場で必要となるスキルを身に着けることができ、「ものづくり」に関する知識を更に 深める事が出来ます。

活発な他大学や一般企業との交流イベント

本学科では、ロボコンやEVの学外での大会に積極的に参加しています。
学内のサークルや研究室がチームとして協力しながら目標に向けて活動する良い経験となります。
また、それらのイベントでは他大学や一般企業からの参加者も多く、イベントを通じて様々な見識や技術に触れる貴重な経験となります。

学科概要・研究室紹介など
  • 電子機械学科 学科概要
  • 電子機械学科 授業紹介
  • 電子機械学科 カリキュラム
  • 電子機械学科 教員紹介
  • 電子機械学科 研究室紹介
  • 電子機械学科 卒業後の進路・資格取得
電子機械学科のピックアップコンテンツ