1. トップ
  2. 工学部
  3. 学習支援センター

学習支援センター

知的カフェ、あいてます。

学習支援センターでは、主に工学の基礎を勉強する上で皆さんが感じるあらゆる質問や相談に、個別に応対します。
例えば、
  • 基礎が身についていないと感じたとき
  • 授業でわからないことが出てきて困ったとき
  • 勉強のしかたがよくわからないとき
  • さらに進んだことを勉強したいと思ったとき

そんなときには、ぜひ「学習支援センター」に寄ってみてください。カフェのような気軽な雰囲気の中で、高校での教育経験の豊富な先生や、上級生・大学院生などが応対し、いろいろな質問・相談にいつでもフレンドリーに答えてくれます。
利用時間 月曜日~金曜日12:00~18:30(予約不要)
場所 13号館(中央広場西側の建物)の2階
科目 数学・物理・化学・英語
利用者の声
メディア画像学科・2年生
高校で文系を選択していた私は、この大学に入学した頃、数学の授業についていくことができず、学習支援センターの利用を始めました。
センターでは、授業のように一対多ではなく一対一で教えてもらえるので、問題を完全に理解して解けるようになるまで自由に質問することができました。そのおかげで、苦手だった数学の科目で秀の成績をとることもできました。
メディア画像学科・4年生
私は勉強で困ったときや実験でわからないところがあったときに、学習支援センターをよく利用しました。特に、物理や専門科目の電気、電子のことをよく質問しました。
学習支援センターは快適な上、先生方や先輩達から分かりやすく教えてもらえるのでとてもいいところだと思います。
ナノ化学科・3年生
自分は、主に授業で出された宿題や化学の実験レポートの課題などで、ここを利用しています。「学習」と名前についていますが、ここは授業や教室のように堅苦しいところではなく、たまに(他の人の迷惑にならない程度で)アシスタントの先輩と進路の話などもしています。
私のように部活に入っていない人でも先輩と係わり合いを持てるのは、とても良いことだと思います。
建築学科・4年生
自分は工業高校の出身なので、大学に入るまでしばらく数学から遠ざかっていて、大学での数学の授業に不安を感じていました。そこで学習支援センターを利用するようになりましたが、ここでは、基礎から親切・丁寧に教えてもらえるので、久しぶりに勉強することになった数学もよく理解することができました。
コンピュータ応用学科・2年生
私が学習支援センターを利用し始めたのは、高校のときに習っていない数学の範囲を大学で習い始めたのがきっかけでした。授業でよく分からなかったところも、このセンターの先生は一対一で細かく教えてくれたので、大学の中にある塾のような感じで利用することができました。
授業で分からないことがあれば、これからも利用したいと思っています。
システム電子情報学科・3年
授業で理解しきれなかった物理や化学の公式の理解や問題を解くときに、お世話になりました。ほとんど個別指導なので判るまでつき合ってもらえます。気軽に利用できるので自分の空いた時間を有意義に使うことができます。
基礎となる勉強は、一人でやるよりきちんと教わった方が理解が早いので、よくここを利用していました。
大学院工業化学専攻・修士2年
私の中で学習支援センターは、大学生活に必要不可欠なものでした。私は大学に入学した当初は、中間試験で不合格点をとってしまうほど物理が大変苦手でした。このままでは他の教科にも悪い影響を及ぼしてしまうと思い、それからはほぼ毎日学習支援センターへ通いました。
毎日、苦手な科目と向き合うことで勉強のコツをつかめるようになり、1年生の後期には、物理の成績がクラスで5番以内に入ることができました。この体験がひとつの自信となって専門科目の勉強にも積極的に興味を持てるようになり、現在では大学院に進学して研究と勉強の毎日を過ごしています。
また、4年生の1年間は、学習支援センターでアシスタントを務め、後輩たちの勉強の相談相手という教える側の立場も経験することができました。
担当教員・チューター

本学の数学・物理・化学担当の教員と、高校生を長年教えたベテラン教員がていねいに教えます。また、上級生・大学院生の先輩達もいるので、気軽に立ち寄ってください。
(担当者の詳しい時間割はこちらのページをご覧ください)

数学担当
教員 中根 静男、江崎 ひろみ、植野義明
チューター 安西 弘志、小川 徹夫、細川 達
物理担当
教員 實方 真臣、越地 福朗
チューター 栗原 布博、段木 武、村山 福喜、木村 晴生
化学担当
教員 甲斐 雅裕、松本 里香
チューター 相澤 一男、長岡 恒弘