1. トップ
  2. 新着情報

新着情報

Co-G.E.I.チャレンジ2017 ~「学生による工・芸共同研究」提案募集のお知らせ~

東京工芸大学では、今年度も「Co-G.E.I.チャレンジ2017」を実施します。
 これは、「Cooperative Good Educational Innovation」(協同して取り組む、優れた教育的革新)の頭文字をつなげた造語です。工学部と芸術学部という、特色のある2つの学部の学生が協力して行う優れた活動に対して、今後の大学の発展に寄与することを願って支援する事業で、今年で12回目の実施となります。(最大で80万円の研究資金を助成)
 学生のみなさんから提出された申請書とプレゼンテーション(6月15日(木)午前から実施)をもとに学長を委員長とした審査委員会で審査し、支援する活動を決定します。
 みなさんが日頃行っている活動あるいはぜひやってみたい企画が、今後の東京工芸大学のあり方を変えるきっかけになるかもしれません。みなさんの自由な発想にもとづく提案をお待ちしています。
 また、2016年度に本学は工学と芸術学が連携した「色」の研究が、文部科学省の平成28年度私立大学研究ブランディング事業(タイプB)※の支援対象として選定されました。学生のみなさんから「色」の研究についても募集します。
※「私立大学研究ブランディング事業」は、学長のリーダーシップの下、優先課題として全学的な独自色を大きく打ち出す研究に取り組む私立大学等に対し、経常費・施設費・設備費を一体として重点的に支援する文部科学省の事業

 申請の対象となる活動は、次の条件を満たすものです。
  1. 工学部と芸術学部からなる本学の工・芸融合的特色を生かした活動であり、工学部と芸術学部(大学院を含む)の複数の学生がともに参加していること
    ただし、「Co-G.E.I.チャレンジ」の趣旨・目的に沿った研究課題で、現時点において両学部の学生による共同研究の実態が無くとも、将来的な共同研究への発展が見込める研究の応募も可能とします
  2. 学生のみなさんが自主的に行うこと
  3. 本学の専任教員(1名以上)を指導(支援)責任者とすること
  4. 2018年2月末日までに行うこと

<留意点>
  1. 活動が採択された場合、指導(支援)責任者を通じて予算執行を行います。
  2. 活動終了後に成果をとりまとめた報告書を提出する必要があります(報告書は大学ホームページで公開予定です)。また、翌年度以降行う成果発表会等へ参加していただくことがあります。
  3. 「色」の研究では、成果を本学の「色の国際科学芸術研究センター」に展示させていただくことがあります。
  4. 東京工芸大学後援会「学生作品発表活動奨励費」「学生と教員との共同活動等への教育・研究助成費」等、大学、後援会及び同窓会が支給する他の補助金への重複申請はできませんので、ご注意してください。

募集要項と申請書については、このページからダウンロードして入手してください。
(ダウンロードした募集要項を見るためには、Adobe Acrobat Readerが必要です)

【募集期間】2017年5月9日(火) ~ 6月2日(金)16時

 ・いいアイディアを思いついたので申請したい
 ・書類の具体的な書き方が分からない
 ・支援責任者の先生が見つからない
  ・・・などありましたら、教育研究支援課(er-support@office.t-kougei.ac.jp)までご連絡ください。
Get Adobe Reader PDFファイルの表示には、Adobe systems社のAdobe Readerが必要です。
お持ちでない方はダウンロ-ドしてお使い下さい。