厚木環境フェアに出展し、多くの市民と交流しました

 厚木市が主催する「厚木環境フェア」が、11 月2 日(日)に厚木中央公園で開催され、特設テントによる31のコーナーが設けられました。本学からは「地球温暖化防止エリア」の10のコーナーの一つとして、システム電子情報学科・電機制御研究室より「マイクロEV」と「ユビキタス太陽光・風力発電用パワーコンバータ」を出展しました。
 会場は終日秋晴れの好天に恵まれ、多くの市民が家族連れで参加する姿が目立ちました。特にマイクロEV 展示のコーナーでは多くの子ども達がひっきりなしにGirasol-II, Girasol-IV に「試乗」して楽みました。市民からは、「工芸というのは工学部と芸術学部の意味なのですね!」、「クレイモデルから車を作るなんて本格的!」、「ラリー参加のドキュメンタリDVD がゲームのようにうまく出来ていますね!」、「青春してるって感じで羨ましい!」などの声をいただきました。なお、搬入と搬出の際には、公道を並走する2台のマイクロEV の姿が、多くの人々の注目を集めました。