株式会社アイスリーとデザイン学科HPコースとのコラボレーション成果を出展します

 本学芸術学部デザイン学科ヒューマンプロダクトコース(HPコース)では、扉部品メーカーの株式会社アイスリー(神奈川県相模原市)とのコラボレーションを実施しました。
 これは、デザイン学科HPコースの3年次生が履修する授業科目「HPデザイン演習IA、IB」における制作課題を株式会社アイスリーから提供していただき、学生グループが約3週間の期間課題に取り組んだものです。今回の制作課題は「ゼンマイを動力とした新しい製品デザインの提案」で、株式会社アイスリーの製品「AIDoor」をもとに、学生は、既存の考え方や概念にとらわれない自由な着想により、集中的に制作活動やプレゼンテーションに取り組みました。
 なお、今回のコラボレーションで制作した作品は、来る11月1日、2日に横浜市で開催される「かながわワールド~あすの地球と子どもたち『2008秋の収穫祭』」(主催:テレビ神奈川、共催:横浜市役所、中区横浜開港150周年記念事業実行委員会)に株式会社アイスリーと共同出展いたします。出展ブースのデザインも、HPコースの学生が手がけています。
 HPコースでは、授業で学んだ知識や技術を実践的な課題制作に連動させ、デザイナーとしての高い「志」を養うことを目指す質の高い教育を行う一環として、今後も企業とのコラボレーションを実施する予定です。

(厚木キャンパス事務部教育研究支援課)