「2009次世代電池が拓く未来展」に本学の電気自動車Girasol(ヒラソル)を出展

 10月29日~31日に東京ビッグサイトで開催されたイベント「2009次世代電池が拓く未来展」に本学から2台のEV(電気自動車)を出展し、多くの見学者の注目を浴びました。
 Girasol-II は主に教育研究を目的として、電機制御システム研究室がベンチャー企業と共同で、IPM同期モーターとPWMインバータを一から開発してきたEV。今回は内部の仕組みが見えるよう、ボディーをはずしてシャシーの状態で展示したところ、多くのEV愛好家らが熱心に見学する姿が目立ちました。
 もう一方のGirasol-IV は、工芸共同プロジェクトで両学部の学生により制作され、四国EVラリー2008ではクラス優勝の輝かしい結果を残したEV。三輪の斬新なデザインは、子ども連れの家族をはじめ幅広い年齢層から好評を得ていました。その他にも多くの小型EVが出展され、EV新時代の幕開けを身近に感じる3日間でした。

2009次世代電池が拓く未来展 2009次世代電池が拓く未来展

関連記事