鍛 佳代子講師(建築学科)が第4回ロッテルダム国際建築ビエンナーレに出展します

 建築学科の鍛 佳代子講師が、第4回ロッテルダム国際建築ビエンナーレ(4th International Architecture Biennale Rotterdam)の企画展、Parallel Cases 展のDIASPORA部門に出展します。展示タイトルは「Ethnic Streets in the World」。2004年から現地調査を重ねたエスニックバックグラウンドと都市再開発に関する研究について展示します。

Ethnic Streets in the World

 ロッテルダム国際建築ビエンナーレは、ロッテルダム(オランダ)で2年おきに開催されている国際建築展。第4回となる今回は"Open City: Designing Coexistence"をメインテーマに「Open City: Designing Coexistence展」「Parallel Cases展」「Free State of Amsterdam展」の3つの企画展を中心に、シンポジウム、講演、ワークショップなど建築に関する様々なプログラムが開催されます。開催期間は2009年09月25日から2010年1月10日まで(Parallel Cases展は2009年09月26日~12月13日)。