新型インフルエンザの予防と対応について(在学生向け情報)

「新型インフルエンザの流行に対して、冷静に対応することが必要ですが、「手洗い・うがい」を励行して、咳エチケット(マスクの着用)や、出来る限り人混みを避けることで予防をしてください。また、外出先で簡単に手洗いが出来ない場合などは、市販の携帯用の消毒用アルコールの入った手指の消毒剤も、公共の器具に触れた後等に使用するなども予防に有効です。

今後、後期授業が始まり、新型インフルエンザの流行下で、学生の皆様には何らかの風邪様の症状(発熱・咳・鼻水等)が発現した場合は、登学せずに速やかに医療機関に受診してください。
受診する医療機関は任意の医療機関で差し支えありませんが、受診の際にはあらかじめ医療機関に電話連絡・相談をして、マスク着用の上受診してください。もし、インフルエンザA+(プラスまたは陽性)と診断を受けた場合は、大学の健康管理センターまたは中野キャンパス学生課にお知らせください。一人住まいの学生は必ず保護者と連絡を取り合ってください。

もし、学内の発症者が増加の傾向にある場合は、保健所からの指導・要請により、各学生についての詳細情報の提供が必要となる可能性もあることをあらかじめご了承ください。

厚木キャンパス 健康管理センター 046(242)9504
中野キャンパス 学生課       03(5371)2674