視覚工学研究室が開発協力した製品が中小企業優秀新技術・新製品賞で受賞

 株式会社クラーロ、弘前大学医学部、東京工芸大学工学部(メディア画像学科 視覚工学研究室)が連携して開発した「コンパクトデジタルスライドスキャナー TOCO」が、第21回中小企業優秀新技術・新製品賞の優良賞を受賞しました。同賞は、りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社の共催で"中小企業の技術の振興を図り、わが国産業の発展に寄与することを目的に毎年1回優秀な新技術・新製品の表彰"を行うもうのです。
 受賞した製品「TOCO」は、がん細胞標本を高精細なデジタル画像にするバーチャルスライド作製装置で、自動画像解析や画像データベースシステムなどの技術応用に関して視覚工学研究室が協力しました。

(2009.4.30)