自主制作映画「夢の島」が、ぴあフィルムフェスティバルに入選しました

 本学卒業生・在学生による自主制作映画「夢の島」が、バンクーバー国際映画祭(Vancouver International Film Festival)で上映されます。日本からの出品作品として「ガマの油」「カムイ外伝」などと並んでの出品となります。

(2009.9.14)

 

 本学卒業生・在学生による自主制作映画「夢の島」が、第31回ぴあフィルムフェスティバル 別ウインドウで開きます で観客賞を受賞しました。観客賞は観客の投票で最も高い支持を得た作品に贈られるもので、最も人気のあった作品とも言えます。
 10月から11月にかけて京都、福岡、仙台、名古屋、神戸で順次開催されるぴあフィルムフェスティバルでも上映されます。

(2009.8.7)

 

 本学卒業生・在学生による自主制作映画「夢の島」が、第31回ぴあフィルムフェスティバル 別ウインドウで開きます に入選しました。全応募作569点の中から16作品が入選作品として厳選。これらの作品は7月17日から開催される映画祭で上映され、グランプリ及び各賞が選ばれます。
 ぴあフィルムフェスティバルは、プロ映画監督への登竜門的な映画祭で、本学からは初入選となる快挙です。

作品情報 夢の島
 2008年/日本映画/16mm/白黒/1時間23分/モノラル/シネマスコープ
監督 蔦 哲一朗(卒業生)
制作 ニコニコフィルム(同好会)
あらすじ 刑事・寺山クリスマス間近の東京。山小屋爆破放火テロ犯を捜索中の刑事・寺山はある日橋の上で青年・アランと出会う。いつも切ない表情で川を見つめている青年にどことなく好意を持つ寺山だったが、事件を捜査するにしたがってその青年が事件に関係していることが解り出す。
青年逮捕のため、職務を遂行しようとする一方で、次第に見えてくる青年の過去と想いにこのテロが持つメッセージを考え込んでしまう寺山。しかし、自分の立場と青年の想いに挟まれ葛藤する寺山を尻目に事件はまた起こる。
果たして寺山は青年を捕まえることができるのか? そして、青年が突き付けるメッセージとは一体?
上映日程 7月19日(日) 14:00~ / 7月24日(金) 12:30~
東京国立近代美術館 フィルムセンター大ホール
オフィシャルサイト http://2525film.web.fc2.com/ 別ウインドウで開きます 
予告編
ニコニコフィルム作品 夢の島

(2009.4.16)