中野キャンパス「さよなら4号館」が開催されました

 中野キャンパス整備工事に伴い、いよいよ4月から一部の校舎の解体工事が始まります。まずは、4号館が解体される(他には本館アネックス部分、保健室)ため、3月26日(木)に中野キャンパス4号館サンワードホール(旧合同教室)にて、「さよなら4号館 惜別の会」が開催されました。
 海外出張中の若尾学長に代わって内藤芸術学部長が開会にあたってご挨拶をされ、次に、芸術学部写真学科教授であり、本学卒業生でもいらっしゃる池田陽子先生が4号館の思い出を語られました。
 中野キャンパス4号館は、昭和32年に建設されました。当時の中野キャンパスには東京写真短期大学がありましたが、入学式も卒業式も、4号館2階にあるサンワードホールで実施していたそうです。当時のサンワードホールは、教室として使用されていた他、大学行事などで講堂としても使用されていました。
 池田陽子先生に引き続き、同窓生の方からも4号館にまつわる思い出話を語っていただきました。
 その後、参加者全員で記念写真を撮影し、学生食堂「ルネッサンス」にて懇親会を実施しました。
 短い時間ではありましたが、楽しいひとときとなりました。

中野キャンパス4号館:最後の姿

4-kita.jpg 4-minami.jpg sanwa-do.jpg piano.jpg