International Display Workshop 2008で優秀ポスター発表賞を受賞しました

 工学部メディア画像学科、ヒューマンメディア研究室の特別研究員(PD) 政倉祐子さんが、昨年12月3日~5日に新潟朱鷺メッセにて開催された第15回 International Display WorkshopでOutstanding Poster Awardを受賞しました。

  • タイトル:Subjective Evaluation for Indistinct "Mura" of LED Backlight
  • 著者 :Y. Masakura, T. Tamura, K. Nagamine and S. Tomioka

 International Display Workshopにはアジアを中心に欧米のディスプレイ関連の研究者1,000名以上が集まり、10を超えるワークショップと数百件の発表が行われます。
 工学部メディア画像学科の内田孝幸教授、佐藤利文教授、田村徹教授がそれぞれの研究室の研究テーマで、2005年から4年連続でこの賞を受賞しています。

(2009.1.26)