グリーン化学研究室が「県央発! 環境フェスタ」に参加しました

 1月17日(土)、18日(日)に厚木合同庁舎で開催された「県央発! 環境フェスタ」(神奈川県県央地域県政総合センター・厚木市・あつぎ環境市民の会 合同主催)に、工学部ナノ化学科 グリーン化学研究室(白井靖男教授)が参加しました。
 「県央発! 環境フェスタ」の目的に沿って、市民の環境に対する関心を深め、環境問題に関して「エネルギーと環境」というテーマで啓蒙することと、新学科生命環境化学科 別ウインドウで開きます の紹介を行いました。多くの市民の方や、卒業生の方々が来場され、環境問題についてや、白井教授の研究に耳を傾けていました。
 また、大学の昔話にも花が咲き、いろいろな先生の名前が飛び交いました。大学のブースには学部を超えて卒業生が集まりますので、他に出展されている企業ブースにない暖かさがあります。

出展内容:エネルギーと環境

  • 自然エネルギーからクリーンなエネルギーの創製
    (光および風力・水力などのメカニカルなエネルギーを利用した水分解からの水素の生成)
  • 自然の力による環境の浄化
    (メカノ化学反応によるアスベストの無害化とその資源としての利用およびエネルギーの生成)
県央 発!環境フェスタ1 県央 発!環境フェスタ2

県央発!環境フェスタ3 県央発!環境フェスタ4