映画「911の子どもたちへ」自主上映 [1月23日(土)]

2001年9月11日、この日を境にアメリカは、日本は、そして世界は大きく変化しました。
アフガニスタン、イラクへと進む「対テロ戦争」。
しかし、時が流れるにつれ浮き上がる様々な疑惑。
多くの平和運動家、ジャーナリストから話を聞き、東京近郊の大学を訪問し、多くの学生にも今の日本や9・11事件について話をきいてきました。
そこから見える世界の現実とは?
9・11事件を扱う日本の学生映画初の試み。中東ロケも予定。

発表者 監督:武長直輝(映像学科3年生)
日時 2010年1月23日(土)
 13:00~
 16:00~
 19:00~
会場 北沢タウンホール 別ウインドウで開きます 
東京都世田谷区北沢2-8-18
 小田急線・井の頭線 下北沢駅南口から徒歩4分
詳細 チケット:当日980円(前売り800円)
詳しくは公式サイトをご覧ください。
911の子どもたちへ 別ウインドウで開きます 
 
関連記事:
「若者が戦争を考えるきっかけに」 学生が「9・11」映画を製作(産経新聞) 別ウインドウで開きます