トレジャー・シティ -新宿の過去・現在・未来を記述する- [12月2日(水)~12月15日(火)]

トレジャー・シティ展

トレジャー・シティ展は、「新宿の過去・現在・未来を記述する」を副題として、様々な分野において一線で活躍する方々が新宿をテーマに作品制作を行うパブリック・アート展です。その分野も現代美術、メディアアート、コミュニティデザイン、教育など従来の領域を大きく横断しています。
この展覧会では、近年ますます社会的重要度が増している「街を記録すること」や「街をつくること」を、アートやデザインを通して考えます。
この試みが、私たちが住む「地域の未来」を考える一つの試金石となれば幸いです。

会場 新宿歌舞伎町シネシティ広場(旧新宿コマ劇場前)*入場無料
会期 2009年12月2日(水)~12月15日(火) 10:00~18:00  最終日は15:00まで
みどころ
  • 新宿歌舞伎町のど真ん中に、アートコンテナが出現
  • [都市の記述]や[街づくり]をテーマとしたパブリック・アート展
  • 現代美術、メディアアート、コミュニティデザイン、教育など様々な分野が集結
参加作家
および団体
関口敦仁[IAMAS都市相-SIRプロジェクト]
笹口数+末野宏行
笠尾敦司(東京工芸大学芸術学部 デザイン学科)
H.584/IAMASロカティブメディア・プロジェクト
武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科 環境デザインチーム
組織 主催:主催:トレジャー・シティ展運営委員会/東京工芸大学
ディレクター 野口靖(東京工芸大学芸術学部 メディアアート表現学科)
アシスタントディレクター(事務局) 大草あき
詳細 詳しくは公式サイトをご覧ください
http://treasurecity.net/ 別ウインドウで開きます