リトルネロウ ~生成する身体知のクオリア~ (映像学科准教授 李 容旭 ) [10月31日(土)]

展示会名称 リトルネロウ ~生成する身体知のクオリア~
概要 音楽用語であるリトルネロウ。
ドゥルーズ=ガタリは彼らの著「ミルプラトー」で「リトルネロウ」を戻る、回帰するという意味の音楽論を展開している。固定なき音、映像、身体が生成変化(無常)とインターラクティヴィティー(縁起)によって相即する。
音楽身体の知は非連続性の連続によってありのままの世界へと喚起する。
発表者 《音楽》
綿村松輝「サンギャーII」
小川 類「g.a.t.a.r.i.-揺」
河合孝治「偶然(投発)ー無常(投失)」
菅野由弘「天使の梯子」
湯浅譲二「相即相入」

《映像》
李 容旭(東京工芸大学映像学科 准教授)
ヒグマ春夫
 
《パフォーマー》
川口賢哉 (尺八)
岡 佐和香 (舞踏)
 
《演奏》
大竹紀子(Piano) 宮崎 仁(Per.) 小川美香子(Per.) 斎藤和志(Fl.) 斉藤光晴(Fl.) 松田拓之(Vn.) 三又治彦(Vn.) 松井直之(Va.) 海野幹雄(Vc.)
日時 2009年10月31日(土)
18:30開場 19:00開演 全席自由 3000円
会場 東京オペラシティー 別ウインドウで開きます リサイタルホール
詳細 詳しくは公式サイト 別ウインドウで開きます をご覧ください。