宇良貴志さんが中野区町会連合会のシンボルマークをデザイン

中野キャンパスの地元、中野区町会連合会(区内108の町会・自治会が加入)のシンボルマークを、デザイン学科4年生の宇良貴志さんがデザインしました。
?
“区民と共に発展する明るい町会・自治会を表現するマーク”をテーマに公募が行われ、応募のあった50作品の中から審査員の全員一致で最優秀作品に決定しました。シンボルマークは、中野サンプラザ大ホールで開催された「国際交流大演奏会」で盛大に披露されました。
?
「『人』という文字を組み合わせて、中野の『N』を表現しました。人と人が支えあってまちを作っていくことをイメージしました。自分のデザインが世の中の役にたち、人が豊かになるのはうれしいですね。卒業後はデザインを職業とする人間として、より多くの人々を豊かにしていきたいです」と大手広告代理店が内定した宇良貴志さん。