日立製作所との共同研究で施設向けフィットネスマシンに搭載するゲームを開発

本学は、株式会社日立製作所と一年間にわたり、誰でも手軽に、楽しく、安全に筋力トレーニングや有酸素トレーニングを行える施設向けフィットネスマシン(以下、本マシン)に搭載するゲームに関する共同研究を行ってまいりました。

本開発に携わったのは、世界で最も販売された業務用ゲーム機としてギネスブックに2005年に登録された「パックマン」で著名な、ゲーム学科の岩谷 徹 教授です。社会に役立つシリアスゲームの研究を行っている岩谷教授は、運動者のモチベーション向上をサポートするという観点から、運動者の動きと連動したゲームの企画・制作を行いました。

前方の大型ディスプレイに映し出されるジャングルや南国などをボートで川下りして下流のゴールをめざします。運動者の腕と脚の屈曲・伸展と連動してディスプレイ内のキャラクターがオールを漕ぎ、ボートを進めていきます。川の所々に弓矢で射的を行うといったイベントが待ち構えており、ディスプレイ上に現れるトレーナーが弓を引いたり射る際の腕や脚の屈曲・伸展動作を教えてくれます。この動作に合わせて運動することで、弓矢をより的の中央に当てることができる仕掛けになっています。消費カロリーやトレーナーの動作とのシンクロ率などがゲームの得点となります。運動者のやる気を引き出すため、バーチャル画面展開、シナリオ、音楽等に様々な工夫を凝らしています。