第6回学生国際ショートムービー映画祭in関空で学生作品が上映されます

映像制作団体「APARTMENT(代表:内田裕基)」が制作した作品2点が、第6回学生国際ショートムービー映画祭in関空の一次審査を通過しました。11月27日開催される同映画祭で上映されます。

上映作品(APARTMENT制作分)

「DOUGHNUT」
ドーナツの輪を覗いて見ても他人の心は見えない、ということを表現した作品

「GIFT」
言葉では言えない気持も別の物を通せば伝えることができるということをサイレントで表現しました。