「2010あつぎ環境フェア」に参加しました

 2010年10月31日、「2010あつぎ環境フェア」(厚木中央公園10時から15時)にブース出展しました。このイベントは厚木市の「みんなでつくる、自然環境と共生する元気なまち」に共鳴し、市民、事業者、行政が協働し地球温暖化防止対策をはじめとする地域環境を考えた集いとして4回目を迎えているものです。当日は台風が抜けた直後で開催が危ぶまれましたが、出展協力団体は31を数え、来場者は、9,500名を数えました。本学のブースを訪れた方は、約160名で、そのうち約70名の子ども達には、水質調査を体験してもらいました。また、用意したオリジナル周期表はなかなか好評で、300枚強配布しました。厚木市長も訪れ、水質調査隊の説明を受けられました。

 本学からの出展は、工学部生命環境化学科の大嶋正人教授で「厚木発!地球環境を守る水質調査隊」のテーマで参加しました。水質調査隊は化学技術者が環境に関わる上で最も重要な役割分担といえる分析化学を学生実験で実践できるようにまとめた、本学の特色あるカリキュラムの一つです。厚木市に流れ込む川、出てゆく川など各地点で水質の汚染を調査研究することにより、市民生活への影響と対策を考える地域に密着した活動であり、今後地域住民、市との共同事業への発展が見込まれます。

 今回の目玉は、子どもを対象に、簡単な水質調査を行って相模湾の水、中津川の水、飯山温泉の水(元湯旅館ご提供)蒸留水の4つを判別するものです。参加者には、若尾学長デザインのジュニア水質調査隊のロゴ入り缶バッチを配布しました。環境に対しての市民の意識は非常に高いものがあり、厚木市各所の水質についてさまざまな質問の中、市民との有意義な交流が行われました。

 本学は、大学の使命である教育・研究に邁進し、さらに産学官連携・社会貢献活動の一助としてこのようなイベントに参加し新技術の報告、提供、共同開発を進めてゆきます。

2010あつぎ環境フェア 2010あつぎ環境フェア

(教育研究支援課)