ロボットビジョン研究室が電子情報通信学会学生会奨励賞をダブル受賞しました

2009年度ロボットビジョン研究室卒業・修了生:瀧晃司さん、堀田拓希さんが電子情報通信学会学生会奨励賞をダブル受賞しました。同賞は3月に開催された東京支部学生会研究発表会における発表論文200件から選出されます。ロボットビジョン研究室 別ウインドウで開きます としては3年連続の受賞&2年連続のW受賞となります。
論文題目は「カオス時系列解析によるバランス評価を用いた4脚歩容生成法(瀧)」「自律移動ロボットにおける自己位置同定法(堀田)」

電子情報通信学会学生会奨励賞 電子情報通信学会学生会奨励賞

(2010.5.25)