「就職未内定卒業生対象の就職支援制度」の発足について

2010年3月23日
東京工芸大学

東京工芸大学(所在地:東京都中野区 学長:若尾 真一郎)では、2010年3月卒業生を対象に「就職未内定卒業生対象の就職支援制度」(以下、「就職支援制度」)を発足いたします。 「就職支援制度」は、昨今の経済環境の悪化などから卒業までに内定獲得ができず、卒業後も引き続き就職活動を行う意思のある卒業生を対象として、2010年4月以降、就職活動ツールの提供や講座等の受講機会の提供を行い、就職活動を全学的にバックアップするものです。

一昨年のサブプライムローン問題が引き金となった経済環境の悪化から、雇用環境が近年にない厳しさに見舞われ、この事態に国や行政を始め、社会全体として未就職者への支援が急務となっています。本学としても就職の実現を責任課題との認識を強め、未内定のまま卒業した後も就職活動を行う学生に対して継続的に就職支援を行うことを決定いたしました。

「就職支援制度」の概要は以下のとおりです。

就職支援の主な内容(予定)

  1. 本学独自のシステム「就職情報システム」の利用促進
    ・ 企業情報、求人情報、セミナー情報等の閲覧ができます。
  2. 「学内合同就職面談会」に参加促進
    ・ 学内での求人マッチングイベントなどに参加ができます。
  3. 「各種就職セミナー」に参加促進
    ・ 事前に案内を送付し、学内で行う「就活支援講座」などに参加ができます。
  4. 「個別相談」「就職指導」に対応
    ・ メールで就職相談ができます。
    ・ 学内キャリア開発センター内で、面談ができます。
    ・ 学科の担当教員に相談ができます。
  5. その他「情報提供」の実施
    ・ 主にはメールを通じて、求人情報や学外イベント等の情報を配信しますので有効に利用できます。

就職支援制度の利用方法

本制度の利用には、事前の登録が必要です。
※ 登録期間 :本学工学部卒業生・工学研究科修了生 2010年3月20日(土)以降 随時
         〃 芸術学部卒業生・芸術学研究科修了生 2010年3月23日(火)以降 随時
 ※登録方法:別途指定の方法によります。(詳細はキャリア開発センターにお問い合わせください。)

就職支援制度の実施期間

2010年4月1日~2011年3月31日までの1年間

本件に関するお問い合わせ先

[学生・一般の方] キャリア開発センター  Tel:(厚木)046-242-9500 Tel:(中野)03-3372-8115
[報道関係の方] 企画広報課  Tel:03-5371-2668