圓井義典「光をあつめる」教員写真展) [01月11日(火)~02月26日(土)]

圓井義典作品展「光をあつめる」

圓井は写真に誘われ2000年頃から、自分が住む日本を自身の目と足を使って見つめ直してみようと日本各地を訪ね、大型カメラによる撮影を始めました。

地形に沿った水平方向への旅の記録となった「地図」(2003年発表)。 時間を垂直方向に往還した旅の記録である「海岸線を歩く--喜屋武から摩文仁まで」(2008年発表)。 この二つの旅で圓井は民家や地面といった特定のモチーフを撮影します。

それは「日本」というキーワードの元に国家観や郷土観をバイパスとして、作者自身がそれまで持っていた世界像の修正作業をする行為だったと語っています。

喜屋武から摩文仁に至る海岸を辿る旅の途中に見た波間に輝く無数の光。 「フォーカスを合わす間もなくピントグラスいっぱいにきらきらと輝く美しさに息を呑んだ」と圓井は語り、その後、水面を揺れ動き様々に形を変える光の撮影を始めました。 圓井の捉えた普段私たちが目を向けることの無い光そのものの姿には、柔らかくぼんやりとした既視感があり、見る者を新鮮で不思議な世界へと誘います。

また写真に写った光の存在感は、作者が沖縄で見た「直感的に感じる美の力強さ」を備え、凛とした普遍的な美しさを感じさせます。 光を捉えることで地理ではなく写真へと向かった作者の新たな旅を追体験することができるでしょう。

本展ではカラー作品、20余点を展示致します。 是非ご高覧頂けますようお願い申し上げます。

期間 1月11(火)~2月26(土)
会場 フォト・ギャラリー・インターナショナル [地図 別ウインドウで開きます ]
 東京都港区芝浦4-12-32
詳細 http://www.pgi.ac/content/view/289/1/lang,ja/ 別ウインドウで開きます