南川三治郎の 「ヨーロッパで出会った人物、そして風景」 [09月22日(水)]

 欧州を舞台に撮り続けてきた南川三治郎氏(東京写真大学卒業)は、1969年に、「何でも見てやろう」と渡欧し、フランスを拠点に活動してきました。外国語のハンディをものともせず、ひと癖もふた癖もある気難しい巨匠達にコンタクトし、説得し、そして撮影に至ったのか。その紆余曲折に富んだ苦労談には興味深いものがあります。
 今回は「アトリエの巨匠・100人」「推理作家の発想工房」「ヴェルサイユ宮殿」などの作品から、対象へのアプローチ方法や取材方法などについて、スライドを交えながら検証してもらうセミナーです。

名称 日本写真家協会 平成22年度第1回 国際交流委員会セミナー
南川三治郎の 「ヨーロッパで出会った人物、そして風景」
日時 2010年9月22日(水)14:00~16:30
会場 JCIIビル6階会議室(東京都千代田区一番町25番地)
 地下鉄半蔵門線 半蔵門駅下車 4番または5番出口 徒歩3分
詳細 お申込み方法など詳しくは日本写真家協会ホームページ 別ウインドウで開きます をご参照ください。
日本写真家協会会員以外の学生、一般の方々も参加無料です。