デザイン学科広告福島研究室が第7回公共広告CM学生賞優秀賞を受賞

AC(公共広告機構)が開催する第7回公共広告CM学生賞で、広告福島研究室が制作した作品「1人がするからみんなする」が優秀賞を受賞しました。この賞は、日本の未来を担う若い世代が広告制作を通して公共広告への理解を深め、社会へ向けた新しいメッセージを期待する賞です。
「福島研究室から5作品がエントリーしましたが、その中で受賞することができました。福島先生や研究室みんなの力があっての受賞だと思っています。東日本大震災で暗い話題が多い中での明るいニュースでうれしかったです」と制作代表の新原さん。

制作:広告福島研究室
新原 天祐(制作代表者)・井上 遙・嘉義 あゆみ・野口 幸成




福島研究室から5作品がエントリーしましたが、その中で受賞することができました。福島先生や研究室みんなの力があっての受賞だと思っています。東日本大震災で暗い話題が多い中での明るいニュースでうれしかったです。