HAIシンポジウム2009 Outstanding Research Award 最優秀賞を受賞

 片上大輔准教授(コンピュータ応用学科)の研究「KiSS-18と異文化体験ゲームによる集団適応性の調査」が、HAI(Human-Agent Interaction)シンポジウム2009 Outstanding Research Award 最優秀賞を受賞しました。
 最優秀賞が贈られるのは、シンポジウム発足の2006年以来2人目の栄誉です。2010年12月に慶應大学日吉キャンパスで行われたHAIシンポジウム2010 別ウインドウで開きます にて表彰式が行われました。

HAIシンポジウム2009 Outstanding Research Award 最優秀賞
 KiSS-18と異文化体験ゲームによる集団適応性の調査
 片上大輔、大村英史、新田克己

(2011.2.14)