NY ADC ヤングガン展 [09月12日(月)~10月16日(日)]

30歳以下+2年の実社会経験のあるプロフェショナルが応募することのできるADC ヤングガンは、CF・映像・グラフィック・イラストレーションなどの作家50名がNY ADCにより毎年選出され、広く紹介される国際賞です。
東京工芸大学では、次世代のクリエイターを支援する姿勢に共感し、日本で初めてこの国際賞をご紹介します。
巡回展のための素材+作家より提供された作品の展示と、映像作品をご鑑賞ください。

日時 2011年9月12日(月)~10月16日(日) ※期間中無休・入場無料
10:00~19:00
会場 東京工芸大学中野キャンパス 写大ギャラリー
主催 NY Art Directors Club / 東京工芸大学

開催記念トークショー

日時 2011年10月1日(土) 13:00~17:00(開場12:40)
会場 東京工芸大学中野キャンパス 芸術情報館1F メインホール
入場無料(定員180名・先着順)
お申し込み方法 氏名・会社名(学校名)・お電話番号を明記の上、メールにてお申し込みください。
yg8.event@gmail.com
内容 第1部「Young Guns ―アンダー30の可能性」
 横井 勝(テレビ朝日アートディレクター/ヤングガン審査員)ほか
 
第2部 「ニューヨークデザインの巨匠たち」
 浅葉克己(アートディレクター)
 長友啓典(アートディレクター/イラストレータ-)
 みのるモリタ(グラフィックデザイナー)
 進行:廣村正彰(東京工芸大学デザイン学科教授)
 
第3部「東京+ニューヨーク×」
 川村真司(クリエイティブディレクター)
 アレキサンダー・ゲルマン(グラフィックデザイナ-) 
 進行:照沼太佳子(東京工芸大学デザイン学科准教授)

YG 8 受賞作家一覧

Alec Brownstein (アメリカ) / Alex Robbins (ドイツ) / Elsa Chaves + Tyler Lang, Always With Honor (アメリカ) / Carles Murillo (スペイン) / Christine Gignac (アメリカ) / crobin (アメリカ) /柴田大平 (日本) / E Roon Kang (アメリカ) / Elle Jeong Eun Kim (アメリカ) / Eric Hu (アメリカ) / Frank Chimero (アメリカ) / Gareth O'Brien (アメリカ ) / Gavin Potenza (アメリカ) / Gemma Correll (イギリス) / 伊東玄己 (日本) / Gracia Lam (カナダ) / Ian Wharton (アメリカ) / Jarrod Taylor (アメリカ) / Jennifer Daniel (アメリカ) / Jeremy Hall (カナダ) / Jeseok Yi (韓国) / Jessica Walsh (アメリカ) / Joe Marianek (アメリカ) / Jonathan Calugi (イタリア) / Jude Landry (アメリカ) / Kellie Campbell (オーストラリア) / 松本健一 (日本) / Kris Sowersby (ニュージーランド) / Lotta Nieminen (フィンランド) / Mads Jakob Poulsen (アメリカ) / Mark Ward (イギリス) / Martin Nicolausson (イギリス) / Micah Lidberg (アメリカ) / Michael Freimuth (アメリカ) / Mike Krol (アメリカ) / Mikey Burton (アメリカ) / Mitchell Paone (アメリカ) / Nathaniel Lawlor (アメリカ) / Nikolay Saveliev (アメリカ) / Nicole Jacek (アメリカ) / Rich Tu (アメリカ) / Rimantas Lukavicius (リトアニア) / Scott Amron (アメリカ) / Sophia Martineck (ドイツ) / Stefanie Weigler (アメリカ) / Stephen Kelleher (アメリカ) / Steve Peck (アメリカ) / Tomas Mankovsky (イギリス) / Von (イギリス) /

Sophia Martineck, Germany Micah Lidberg, USA

Jeremy Hall, Canada Jeong Eun (Elle) Kim,  USA

松本健一, Japan


会場の様子

ヤングガン展1 ヤングガン展2

ヤングガン展3