立ち上がれむすびめくん 於新宿 [08月05日(金)~08月07日(日)]

目玉の付いたロープ(むすびめくんの基本形)を自由に結んで色々なむすびめくんを作ろう。
むすびめくんができたら、江戸、昭和、今の新宿のむすびめくんジオラマを背景に撮影しよう。その写真に、被災地の方へ、また支援してくくれた外国の人にむけてメッセージを付けて送ろう。作ったむすびめくんはお持ち帰りいただけます。このプロジェクトは、被災地の宮城県、支援を戴いているモルジブなど海外の国などでも今後行う予定です。

コンセプトおよび概要
むすびめくんはいろいろなものに形を変えながら、人と人、街と街と、国と国、の間に入り、みんなを繋げて行きます。

むすびめくんとは、2007年にコミュニケーションアーティストの笠尾敦司氏がモノと人間とをつなげて付喪神を作り出す霊力をもったキャラクターとして生み出しました。2011年から金剛編みのロープと丸い目玉を持った人形としてむすびめくんは体を捩ったり、結んだりすることで、いろいろなものにユーモアたっぷりに変身できるようになりました。今回は、新宿の昔と今をむすびめくんのジオラマとして展示するとともに、皆さんにもむすびめくんを作って頂き、そのジオラマの中に立たせてあげてほしいと思っています。そして、変身したむすびめくんのユニークな姿を写真に撮るなどして楽しんで頂き、その上で、むすびめくんを介して被災地の方や海外から支援してくれた国の方々に新宿から皆さんのメッセージをもらい、それを送りたいと思います。このようにユーモアのあるむすびめくんを使うことで、新宿の歴史を知ってもらうと同時に、メッセージも伝わり易くなるはずです。

本プロジェクトは、今後、被災地でむすびめくんを展示するだけでなく、被災された方々の心の支援として、小学校等でむすびめくんを作って楽しんでもらう活動や、モルジブ等海外に行ってここで集まった日本の皆さんからのメッセージを伝えるとともに、モルジブでもむすびめくんの展示とワークショップを企画しております。