アートアワードトーキョー丸の内 (卒業生・後藤繁雄賞受賞) [07月03日(日)~07月31日(日)]

日本全国の美術大学・芸術大学の卒業制作展の中から選抜した作品を展示するアートアワードトーキョー丸の内(a.a.t.m.)の出展作品として、写真学科卒業生・2010年度大学院修了生の川島崇志さんが選ばれ、審査員賞の後藤繁雄賞を受賞しました。受賞作品は「鴉、俺たちは弾丸をこめる」。7月31日(日)まで、行幸地下ギャラリーに展示されます。どうぞご覧ください。

また川島さんは、若手アーティストを対象とした国際コンペティション International Talent Suppot写真部門でファイナリストに選出されるなど、世界の舞台でも活躍しています。

過去4回のa.a.t.m.で紹介されたーティストの中からは、すでに各方面で活躍する注目の新人作家が数多く誕生しており、若手アーティストの発掘と育成を目的としたイベントとして注目を集めています。昨年度は写真学科卒業生の小浪次郎さんがシュウウエムラ賞を受賞し、同社のグローバル展開キャンペーンのビジュアル撮影を手がけました。