19世紀末~20世紀前半アメリカ漫画資料展 ―川崎市市民ミュージアム収蔵品を中心に [07月23日(土)~07月29日(金)]

会場:東京工芸大学中野図書館(中野キャンパス内)2階展示スペース
期間:2011年7月23日(土)~29日(金) ※日曜休館
開館時間:10時~19時(土曜日と最終日は17時まで)
入場料:無料
企画:東京工芸大学芸術学部マンガ学科
協力:川崎市市民ミュージアム、東北大学情報科学研究科

この展示は、川崎市市民ミュージアムからお借りした、19世紀末~20世紀前半のアメリカ漫画に関する書籍資料約600点のうち、約50点を厳選して構成したものです。
日本では漫画の研究が盛んになってきていますが、なかなかアメリカのカートゥーンからコミック・ストリップへの移行期についての専門家は少なかったため、これらの資料が日の目を見ることがありませんでした。
このたび、東北大学の研究者の助力を得て、コレクションの資料的価値を精査したうえで、今後の研究発展のために公開をするという計画を立てました。
その後、今年3月11日の東日本大震災がスケジュールを大幅に狂わせてしまったのですが、少ない日数をやりくりして、何とかその一角を紹介できるようになった次第です。
ぜひご来場いただければ幸いです。初日(23日)の13時以降は企画者が会場で説明を行います。
展示終了後、資料は川崎へと帰りますが、この領域に関心のある研究者などの皆さんには、また別の形で、コレクションの全容をお知らせできる報告会などの機会を関係者間で作っていきたいと考えています。