「青少年のためのロボフェスタ2012」に参加しました

工学部電子機械学科ロボットビジョン研究室 別ウインドウで開きます が、神奈川県青少年センター主催の「青少年のためのロボフェスタ2012」に参加しました。通常ならば5対5で戦う自律サッカーロボットを持ち込み、デモとコントローラーによる操縦体験を行いました。
同フェスタには、JAXA(宇宙航空研究開発機構)、KAST(神奈川科学技術アカデミー)、三菱電機、リコー、東芝科学館、5つの大学、8つの高校など22の団体が出展し、チビッ子をはじめ保護者など来場者は、800名を数えました。
本学のブースにも子どもたちが多数訪れ、縦横無尽に動く自分より大きなサッカーロボットをコントロールし、ゴールを決めていました。
ロボットビジョン研究室は、同時期に芝浦で行われた第33回全日本マイクロマウス大会に出場しており、学生も二手に分かれ、忙しく参加していただきました。

本学は、大学の使命である教育・研究に邁進するとともに、産学官連携・社会貢献活動の一助としてこのようなプロジェクトに参加し地域連携を積極的に進めています。

青少年のためのロボフェスタ2012 青少年のためのロボフェスタ2012 青少年のためのロボフェスタ2012 青少年のためのロボフェスタ2012

教育研究推進部教育研究支援課

(2012.11.27)