南足柄市で「夏休みマンガ教室」を開催しました

マンガ学科細萱ゼミを中心とした、地域貢献活動の学生グループが南足柄市役所市民部からの要請で大学との連携による生涯学習授業「夏休みマンガ教室」を2012年8月21日(火)の午前9時30分から11時30分まで2時間にわたり南足柄市文化会館展示室にて行いました。

内容はマンガの基礎技術の指導で、小中学生29名の参加がありました。大学からは、マンガ学科4年生の柴田花織さん、3年生の増田達哉さん、石橋綾さん、菅沼玲奈さんが指導に赴きました。
マンガ教室の参加者からは、次のような声をいただき大盛況のうちに終了しました。

  • 私の将来の夢はマンガ家で、基本のことはあまり知らなかったので、教えてもらい良く分かり、うれしかったです。
  • 普段高くて買えないコピックなどを使えて楽しかったです。今回の教室で、今までよりもっと「マンガを描きたい」と思えて、これからも絵を描いていたいと思いました。
  • マンガを描いたことがなかったので不安でしたが、いろいろな方が丁寧に教えてくださってたくさん描くことが出来ました。インクで描いたのは、人生初めてだったので、とても良い経験になりました。
  • はじめて原稿用紙に自分の作ったキャラクターを描いてみました。Gペンで下絵を描いてみたら、何か変な絵になっちゃった時もあったけど、とても楽しかったです。
  • 部活の先生からのすすめで参加したのでしたが、「来て良かった。」と思いました。大学生が分かりやすい説明で、優しく教えてくださったので、とてもやりやすかったです。またこういう企画をやってほしいと思いました。
  • Gペンを初めて使った。難しかったけど、とても楽しかった。本当のマンガ家が使っているものを使えたので、とてもうれしかった。
  • 原稿用紙にイラストを描いたり、Gペンでなぞったりするのは初めてで、とても参考になった。楽しかったです。
  • Gペンの使い方など色々なことを知りました。今までマンガを描きたくても描けなかったので、初体験で面白かったです。またマンガを描きたくなりました。東京工芸大学のみなさんと楽しく、マンガについて学ぶことが出来たので良かったと思う。次にやる時は、ホワイトも使いたい。
  • 犬の描き方やインクのつけ方などたくさん優しく教えてくださってとても楽しかったです。

本学は、大学の使命である教育・研究に邁進するとともに、産学官連携・社会貢献活動の一助としてこのようなプロジェクトに参加し地域連携を近隣学校、近隣自治体と共に積極的に進めています。

夏休みマンガ教室 夏休みマンガ教室
 
夏休みマンガ教室 夏休みマンガ教室