卒業生の作品「飛び火」がPFFアワード2012入選作品に選出

映像学科卒業生 永山正史さんの監督作品「飛び火」が、PFF(ぴあフィルムフェスティバル)アワード2012の入選作品に選ばれました。

全応募作522本の中から2次の審査を経て16作品が入選作品に選出されました。入選作品は「第34回ぴあフィルムフェスティバル」で上映されます。東京会場の最終日に開催される表彰式で、グランプリを含む各賞が発表されます。

「飛び火」は9月22日(土・祝)、および9月25日(火)に東京国立近代美術館フィルムセンター大ホールで上映される予定です。