公開講座特別企画 「青春の輝き 日活映画の100年」 [10月01日(月)~11月26日(月)]

日本活動写真株式会社(日活)は、1912年9月10日、横田商会、吉沢商店、福宝堂、エム・パテー商会の4社が合弁して創立された映画会社です。創成期には、最初の映画スター尾上松之助の時代劇で知られましたが、戦時下の1942年には、映画統制によって製作部門が大映(大日本映画製作会社)に吸収されました。戦後の1954年、調布に新しい撮影所を開設し、石原裕次郎や小林旭らの戦後派スターの時代を切り開きました。映画産業の斜陽化に伴い、1971年からロマンポルノ路線へと転じ、他社が製作を縮小する中で、1988年までプログラム・ピクチャーの製作に励みました。しかし、1993年には会社更生法の適用を申請。現在は筆頭株主の日本テレビなどの傘下のもと、新たな事業構築を目指しています。

一方、1923年に創立された小西写真専門学校を前身とする東京工芸大学からは、『太陽の季節』(1956)などのスティール写真を担当し、後に映画監督となった斎藤耕一を輩出しています。1994年の芸術学部設立時には、映像学科に日活出身の3教授(樋口頴一、遠藤三郎、戸崎春雄)を擁し、日活の伝統を受け継ぎながら、映画・映像教育を開始しました。日活創立100周年に当たる本年、日活ゆかりの映画人を招聘し、日活映画の歴史を振り返る講座を開催します。

会期 2012年10月1日(月) ~ 2012年11月19日(月) 全6回 月曜17:00 ~ 18:30
会場 東京工芸大学中野キャンパス 1号館1204教室
地下鉄丸ノ内線/大江戸線 中野坂上駅下車 1番出口・徒歩約7分
参加料 無料
主催 東京工芸大学芸術学部
協力 日活(株)
申込方法 参加ご希望回・住所・氏名・年齢・電話番号をご記入のうえ、メール(mail_exhibit.gif)でお申し込みいただき、当日直接会場へお越しください。お申し込み受理の返信はいたしませんので予めご了承ください。

第1回(10月1日):「日活の誕生とサイレントの時代」

講師:上田学(本学芸術学部非常勤講師)
百年前、日活という映画会社は、いかなる経緯で誕生したのか。また現在とは異なる時代に、どのような映画が製作されたのか。東京と京都に建設された、それぞれの撮影所の地域的な特色とあわせて解説する。

第2回(10月15日):「トーキーの到来と日活時代劇」

講師:上田学(本学芸術学部非常勤講師)
1930年代に進んだ日本映画のトーキー(発声)化は、日活にどのような影響を与え、その発展を促したのか。日活の時代劇映画が、スターたちとともに輝きを放った時代状況とあわせて、その意義を考えてみたい。

第3回(10月22日):「戦後の製作再開と無国籍アクションの時代」

講師:西村安弘(本学芸術学部教授)
戦時中の映画統制で製作部門を大映に吸収された日活は、戦後の1954年にようやく製作を再開させる。五社協定の包囲網の中、日活は石原裕次郎をスターダムに押し上げ、いかにして無国籍アクション路線で活路を見出したのか。

第4回(11月5日):「黄金時代の名作より 『幕末太陽傳』(1957)と『赤い殺意』(1966)」

講師:西村安弘(本学芸術学部教授)
ゲスト講師:遠藤三郎(監督、本学名誉教授)
戦後、製作を再開した日活は多くの娯楽作品とともに、作家性のある優れた名作も提供した。今回は、川島雄三と今村昌平の代表作2本を採り上げ、両作に助監督として参加した遠藤三郎氏をお招きして、その創作の秘密を探っていく。

第5回(11月12日):「ロマンポルノの時代」

講師:児玉高志(本学映像学科教授、『ザッツ・ロマンポルノ』監督)
ゲスト講師:岡田裕(元日活プロデューサー、現アルゴ・ピクチャーズ代表)
1971年、経営不振に陥った日活は、半年間の製作中止を経て、起死回生をはかって<日活ロマンポルノ>路線をスタートさせた。プロデューサーとして<日活ロマンポルノ>に関わってこられた岡田裕氏に、児玉高志(1975年日活入社)がお話しを伺う。 (※この回の受講は、18歳以上の方に限定。)

第6回(11月19日):「新たなる世紀への飛躍」

講師:高山隆一(本学芸術学部准教授)
ゲスト講師:日活関係者
シネコンやデジタル等、21世紀において映画を取り巻く環境は、急激な変容を遂げつつある。今年100周年を迎えた日活が、歴史の中で培った「映画の力」を、産業としてのみならず文化として、いかにして継続、発展させていくかを、対談形式で明らかにする。

東京工芸大学芸術学部旧本館は、中野キャンパス整備計画により、リニューアルされることとなった。旧本館でロケーション撮影された日活映画『十八歳、海へ』を上映し、ありし日の旧1号館の雄姿を偲ぶ。

日時 11月26日 16:30開場 17:00開演
会場 中野キャンパス芸術情報館メインホール 入場無料(先着順)
上映作品 『十八歳、海へ』 1979年 日活映画      ※デジタル上映
  監督:藤田敏八
  原作:中上健次
  出演:森下愛子、永島敏行、島村佳江、小林薫、他