なぞらえ屋~開闢九重千曳~ (教員・学生スタッフ参加舞台) [07月06日(金)~07月08日(日)]

教員・在学生がキャラクターデザインや衣装デザイン、パンフレットの撮影などを手掛けた四谷於岩稲荷田宮神社勧進奉納舞台 『なぞらえ屋~開闢九重千曳~(かいびゃくここのえちびき)』が上演されます。どうぞご覧ください。

内容 2009年9月に、原作:有里紅良、キャラクターデザイン:夢来鳥ねむによる、La・Moon,Incが企画・製作し、公演した勧進奉納舞台『なぞらえ屋~奇巡四谷怪談~(あやめぐりよつやかいだん)』。
四谷にある於岩稲荷田宮神社の宮司さんから『La・Moonさん、怪談やってよ』と、お話を頂いたのがきっかけで興行に至る。

-あらすじ-
2012年夏――――――
容赦なく襲い来る数々の試練に日本は疲弊しきっていた。
地獄の蓋は開いたまま、災厄は溢れ、暗闇の中で何かが蠢く。
そんな中、永生九龍(ヨンシェンクーロン)と呼ばれる組織が、
日本の裏社会に急激に勢力を伸ばし始める。
闇から闇に葬られその数を減らしていく、多くのなぞらえ屋たち。
その魔の手は、ついになぞらえ屋の総本山へと伸びる。
廟を守る比丘尼の巫女たちに迫る危機。
悲しい目をした少女、鳴鈴(メイリン)。
ミッション・コード『UZUME』とは何か?
そして、絶体絶命の危機を迎えた亮輔の前に帰ってきた『龍』が立つ。
――――――果たして、秘剣・死尼神は因果を断ち切ることができるのか!?

原作・脚本:有里紅良
演出:石山英憲(Theatre劇団子)
キャラクターデザイン:夢来鳥ねむ(マンガ学科教員)
出演:伊藤夢樹、内山正則、那珂村タカコ(ヘロヘロQカムパニー)、千葉繁(特別出演)、清水マリ(特別出演)、伴大介(特別出演) 他
協力・協賛:株式会社スタジオディーン、株式会社メジャー、学校法人 東京工芸大学 他
日時 2012年7月6日(金)~8日(日)
会場 吉祥寺 前進座劇場 別ウインドウで開きます 
JR吉祥寺駅・京王線井の頭線吉祥寺駅下車
「公園口」改札を出て徒歩12分
東京都武蔵野市吉祥寺南町3-13-2
チケット 全席指定 前売り4300円 当日4500円
※購入方法など詳細は なぞらえ屋公式webサイト 別ウインドウで開きます をご覧ください。
参加学生
  • 衣装デザイン
    三澤望有季(デザイン学科VCコース2年生)
  • 劇中映像製作/宣伝用映像製作
    富岡隆大(映像学科4年生)
    村瀬綾嶺(映像学科4年生)
    李承遠(映像学科4年生)
    安蒜要(映像学科4年生)
  • パンフレットキャスト撮影・ゲネプロ撮影
    川島崇志(写真学科卒業生/TA)※撮影指導
    影山あやの(写真学科3年生)
    串祐実(写真学科3年生)
    下村充(写真学科3年生)
    柳沼知里(写真学科3年生)
    横張隆志(写真学科3年生)
  • パンフレット編集
    渕上莉左(マンガ学科3年生)
    萬上明日香(マンガ学科2年生)
  • 衣装制作
    佐野詩織(マンガ学科2年生)
  • スタッフ
    吉江玄樹(マンガ学科3年生)
nazoraeya3_top.jpg