足立丈宗さん(コンピュータ応用学科)が文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム学生研修プログラム に参加して課程を修了

コンピュータ応用学科4年生の足立丈宗さんが「文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム学生研修プログラム」に参加しその課程を修了しました。
「文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム学生研修プログラム」とは、次世代のナノテクノロジーに関わる研究者・技術者の養成支援強化のひとつとして、大学生、大学院生を対象にナノテクノロジープラットフォームの先端的な施設を利用し、ナノテクノロジーに関連する研究・開発への興味を深めるとともに、最先端装置に関する技術を体験することを目的とした「学生研修プログラム」です

足立さんは、「今回、独立行政法人物質・材料研究機構 ナノテクノロジープラットフォーム様の学生研修プログラムに参加し、東北大学の研究施設をお借りして、Siメンブレン体構造の製作の実習をさせて頂きました。
私は実習で、酸化膜作製、エッチング等の様々なプロセスを通して、Siメンブレン体構造に関わる製作を勉強させて頂きました。また、知らなかった細かいプロセスや計算式もあり、私自身まだまだ勉強不足だと思ったところがたくさんありました。今後は今回の実習を通して学んだことを卒業プロジェクトに活かそうと考えております」と抱負を語ってくれました。

    (2013.04.09)