三善チヒロさんがThe Emerging Photography Artisit 2013でグランプリを受賞

2013年03月07日 学生の活躍

アーティストを目指す若手、新人写真家をアート写真市場に紹介するための写真展「“The Emerging Photography Artist 2013”(新進気鋭のアート写真家展)が2月19日から3月3日までインスタイル・フォトグラフィー・センター(IN STYLE PHOTOGRAPHY CENTER)で開催され、出展作品の中から選出されるグランプリに、写真学科4年生・三善チヒロさんの作品「根虫」(not insect)が選ばれました。
?
同写真展はジャパン・フォトグラフィー・アート・ディーラーズ・ソサイエティー(JPADS)が主催するもので、写真家、教育機関関係者、ギャラリー・ディーラーなどの専門家がそれぞれ新人写真家を推薦し、アート写真市場に紹介することを目的としています。
?そのため、作品の展示だけではなく、出展者によるギャラリートーク(プレゼンテーション)も行われます。三善さんは最終日の3月3日にトークを行い、好評を博しました。
?作品の質やプレゼンテーション、来場者の投票などが総合的に判断され、展覧会の最終日にグランプリとして選出されました。
?
推薦者である吉田教授は「三善さんは、日頃からよく頑張っています。今回は、その結果が出ました。おめでとうございます。これをきっかけに、さらに活躍して欲しいと願っています」と述べています。