小林紀晴写真展 「山人の記憶 ―kemonomichi/yabu―」(7/6~9/16)

写真学科 小林紀晴教授による写真展 「山人の記憶 ―kemonomichi/yabu―」が、長野県 八ヶ岳美術館で7月6日から開催されます。期間中には写真学科卒業生の高木こずえさんとのトークイベントなども開催されますので、ぜひご参加ください。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
本展では、諏訪に古くから伝わる様々な祭りの場面を主な被写体とした新作「kemonomichi(けものみち)」を県内で初展示。また八ヶ岳周辺で撮影されたモノクロの新作「yabu」を初公開し、縄文の遥か昔から現在までこの地に連綿と繋がる命の姿と土地の記憶をご紹介するものです。気鋭の写真家が切り取った諏訪の姿は、作品の舞台である諏訪地域に住む人々にとっても新たな発見をもたらすことでしょう。
開催概要
会期:2013年7月6日(土)~9月16日(月・祝)※会期中無休
開館時間:9:00~17:00
会場:八ヶ岳美術館 長野県諏訪郡原村17217-1611
入館料:大人500円 小中学生250円
主催:八ヶ岳美術館、原村、原村教育委員会

※詳しくは、小林紀晴写真展 「山人の記憶 ―kemonomichi/yabu―」をご覧ください。
関連企画
■ こんにちは! アーティスト#2「小林紀晴と地域の魅力を発見しよう」
八ヶ岳美術館で2012年から開始された博学連携プログラムの第2弾。写真家として第一線で活躍中の小林紀晴さんに講師に、原小学校の授業で、写真を使って自分たちの小学校の魅力を見つけるワークショップを行います。
日時:7月19日(金)※詳細は八ヶ岳美術館までお問合わせください。

■ トークイベント「諏訪を撮ること」
小林紀晴さんと同じく、幼少時を諏訪で過ごした写真家・高木こずえさんをゲストに迎えてのトークセッション。諏訪の魅力、諏訪を撮ることについてお話しいただきます。
出演:高木こずえ・小林紀晴
日時:8月4日(日)14時~
参加費:無料(入館料別途)

■ ワークショップ「私が見つけた宝物」
あなたの「大切な人」「大切な場所」「大切にしたいもの」いずれかをテーマにして撮った写真をご持参下さい。小林紀晴さんによる自作解説とお話のあと、みなさんにお持ちいただいた写真を発表していただき、紀晴さんに講評していただきます。
日時:8月11日(日)14時~
定員:20名(要申込)
対象:小学校高学年~一般
参加費:大人800円、小中学生300円(入館料含む)
参加方法:電話またはメールでお申し込みの上、写真データの入ったSDカード、USBメモリ等を前日までにご持参して頂くか、メールでお送りください。提出していただいた作品データはプリント紙、会期中館内に展示させていただきます。
※ワークショップ見学の場合は入館料のみでご参加いただけます。

■ こどもと祖父母のためのワークショップ
美術館の中のスタジオが出現!おじいちゃん/おばあちゃんとこどもで、一眼レフカメラを使ってお互いに写真を撮り合い、「写真」を通したコミュニケーションをしてみましょう。最後に小林紀晴さんにツーショット写真を撮ってもらえます。 日時:9月7日(土)13:30~
定員:10組(要申込)
参加費:1組2,000円(入館料含む)
※カメラ等の機材は美術館で用意いたします。

イベントのご予約・お問合わせ:八ヶ岳美術館