写真学科卒業生が雑誌『コマーシャル・フォト』で特集されました

現在発売中の雑誌『コマーシャル・フォト』11月号にて、2009年に本学写真学科を卒業し、2010年に研究生を修了した小浪次郎さんが特集されています。

小浪さんは本学在籍中に写真集『Dim the light』を出版。その後「ART AWARD TOKYO 2010」のシュウウエムラ賞などを受賞し、最近では雑誌や広告などで新進気鋭の写真家として注目を集めています。

また、学生時代から8年間にわたって父親を撮影していた作品『父を見る』が、タイクーンブックスより写真集として出版されました。

この雑誌の特集と写真集出版にあわせて、10月19日(土)に青山ブックセンターにてトークショーも開催されます。

2013年10月16日