EVサークルの出展がサイエンスアゴラ2013で来場者人気投票の第1位に選ばれました

11月9日(土)、10日(日)にわたり、東京お台場地区で日本最大規模の科学イベント、科学技術振興機構(JST)主催の「サイエンスアゴラ2013(第8回)」が開催されました。本学のEV(電気自動車)サークルは、社団法人電気学会のOBによる電気理科クラブと共催で「再生エネルギーで充電する電気自動車の未来」のテーマでブースを出展。同イベントには230余りのブース展示があり、のべ5,796人の入場者がありました。その中でEVサークルの展示は「サイエンスアゴラ来場者人気投票 第1位」に輝きました。
出展内容は、
1)ハイブリッド電気自動車「ヒラソルV(ファイブ)」のデモ
2)充電ミニカーの工作
3)Nゲージ・江ノ電とエネルギー貯蔵要素の効果確認実験
4)電磁現象を利用したモータ工作
で、子どもから大人まで楽しめる賑やかなブースとなりました。

当日出展参加者
工学研究科電子情報工学専攻M1:北村旭
電子機械学科4年:岸本樹、佐藤健
電子機械学科2年:岡芹勇、山田智裕、藤田佑輔(EVサークル部長)
電子機械学科1年:中尾太貴
デザイン学科HP 2年:阿部大貴
準備支援者
電子機械学科4年:大森健太郎、坂口智洋、猪狩勇気、熱田翔太郎、草間駿、高橋玄

サイエンスアゴラ : 主催・共催団体等による企画とサイエンスアゴラ賞のご紹介
2013年11月16日