インターカレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)2013 (東京本大会 9/26~9/29)

アニメーションを専門的に学ぶことのできる教育機関が推薦する学生作品を一同に集めた、日本で最初の学生のための本格的なアニメーションフェスティバルであるインターカレッジ・アニメーション・フェスティバル(ICAF)は2012年で10周年を迎えました。第1回大会から幹事校として参加している本学からは多くの教員や学生が運営に携わっており、今年度はアニメーション学科・木船園子教授と木船徳光非常勤講師のユニットであるIKIFがフェスティバルディレクターとして大会を率いています。また、卒業生初アヌシー国際アニメーションフェスティバル・インコンペをはじめ、世界的にも活躍しているキム・ハケンさん('10年度卒)が描いたメインビジュアルが大会を盛り上げています。
プログラムでは今回もバラエティーに富んだアニメーション表現の数々が上映されます。東京会場の本学の上映後には、出品者と教員が登壇もする予定です。どうぞご期待下さい!

ICAF2013(東京本大会)

開催期間 9月26日(木)~9月29日(日)
会場 国立新美術館(3F講堂+研修室)