東京大空襲戦災資料センターで野口靖准教授が関わる常設展示がスタート

野口靖准教授が開発している「時空間マップソフトウェア(c-loc)」を使用したアーカイブ「東京大空襲 証言映像マップ」が、2014年3月1日から東京大空襲・戦災資料センターで公開・常設展示されます。46インチ画面で、東京大空襲体験者の証言映像および、戦前・戦中の生活体験、戦後体験の証言を自由に見ることができます。
時空間マップソフトウェア(c-loc)は野口准教授が開発を続けているもので、時間的な情報と地理的な情報を3D空間上に同時に可視化することができます。これまでにも、新宿、八尾、ケニアなど、様々な場所の時空間マッピングを行っています。

展示会場 東京大空襲・戦災資料センター
東京都江東区北砂1-5-4
展示詳細 東京大空襲の新しい被災地図と証言映像アーカイブを公開します
展示公開記念イベント 2014年3月1日(土) 14:00~15:30
場所 東京大空襲・戦災資料センター

展示解説(A被災地図担当 B証言映像マップ担当)
 青木哲夫(東京大空襲・戦災資料センター主任研究員)A
 山本唯人(同)AB
 早乙女愛(映像プロデューサー/あいファクトリー)B
 野口靖(アーティスト/東京工芸大学准教授)B
2014年2月17日