千葉 紘香さんの作品『MEMORIES OF SKIN 肌の記憶』が東京TDC賞 2014に入選

東京タイプディレクターズクラブが主催する国際アニュアルデザインコンペティション「東京TDC賞 2014」に、デザイン学科4年生 千葉紘香さんの作品『MEMORIES OF SKIN 肌の記憶』が入選しました。応募作品2,958点(国内1,960点、海外998点)の中から選ばれたものです。
作品は、受賞作品と並び「TDC展 2014」(会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー (ggg))で4月28日(月)まで展示されます。

『MEMORIES OF SKIN 肌の記憶』

20年ともに生きてきた肌の記憶を、全41カ所の身体の拓をベースに1冊の本として記録しました。
金と朱色の糸の浅葉綴じでまとめ、私情的な思い出を綴りました。

大学3年生の前期に、自分の歴史や思い出をテーマとして制作した作品です。
私自身、肌の感覚が思い出として強く残っていたため、このような表現となりました。
制作した時は20歳だったため「20年のともに生きてきた肌の記憶」としています。
2014年4月10日