第1回 映画少年短編映画祭で卒業生・在学生の作品が最終選考に進出

映画・映像に携わる才能を発掘するとともに、価値観の低い短編映像を世に広めることを目的にアクトビラで開催されている、「第1回 映画少年短編映画祭 」で、映像学科卒業生 田村凌一さんの監督作品「甘い麦茶」と映像学科4年生 富田洋史さんの監督作品「アラベスクの記憶」が各ブロックを勝ち残り、決勝トーナメントに進出しました。

同映画祭は、自宅のテレビをネットにつなぐだけで利用できる、ビデオ・オン・デマンドサービス『アクトビラ』で、各ブロックごとに1か月間の視聴回数を競い合い、上位2作品が最終ブロックに駒を進め計10作品の中から、アクセス数集計と審査員の審査によってグランプリが決定します。

詳しくは、こちらをご覧下さい。

甘い麦茶

出演  毛利悟巳 渡辺康太 他
監督・編集     田村凌一
脚本・プロデューサー  内田裕基

  • 東葛映画祭 グランプリ
  • 第4回学生短編映像作品上映祭2012in Yokohama 最優秀作品
  • 富山短編映画祭2012 上映
  • 水と土の短編映画祭2012 上映
  • 第8回TOHOシネマズ学生映画祭 上映

アラベスクの記憶

認知症の母と、母を愛しながらも認知症の事実を受け止めきれていない息子。母がバレエを踊ることで、昔のことや今のことを思い出し息子の名前を呼ぶ。バ レエを踊ってつけた砂浜の足跡は、波によって消されてしまう。そしてまた全てを忘れてしまう。

企画・脚本・監督・編集: 富田 洋史
撮影スタッフ: 映画研究会

2014年8月19日